*      

レポートから見えてきたこと

公開日: : 展示会活用のはなし, 展示会レポ

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

寒い日が続いていますが、今日は穏やかに晴れるようです。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

ブースヒアリングの結果を報告します

先週のブログにも書きましたが、1月24日(木)北千住マルイ11階で開催されていたあだちメッセ2019を見学してきました。この展示会は足立区の中小企業を中心に約60社が出展する今年で8回目をむかえるローカル展示会です。

私とあだちメッセのご縁がはじまったのは前回の開催時からです。前回は出展社説明会での展示会セミナーを担当させていただき、今回はスキルアップセミナーという全3回の連続講座を担当させていただきました。

そんなご縁深いあだちメッセ。当日は朝から会場入りし、出展されている方々にお話を聞いてまわりました。それぞれのブースでいろんなお話を聞いたのですが、共通してお聞きしたことは下記の2点です。

1.今後の展示会活用について
2.展示会セミナーやマッチングなどのサポートのニーズ

この2つの質問から見えてきたこととは。

今後の展示会活用について

この質問に対して「積極的に展示会に出展していきたい」と応えた企業は全体の約6割でした。展示会の現場で聞いた結果がこの数字というのは低いと感じざるをえません。中小企業全体だとしたらどれだけ少ないのだろう、と感じました。

出展しない理由は「忙しい」「人が足りない」「商材が展示会向きではない」がほとんどでした。忙しかったり人が足りなくてもても展示会を活用していただけるような、方法が見つかればいいんですけどね…。

「商材が展示会向きではない」は言い換えれば「展示会に出展しても求めるようなお客さんと出会えない」ということだと思います。もっとシンプルに言うと「出展のメリットが感じられない」ということかな、と。これは我々の課題ですね。

展示会セミナーやマッチングなどのサポートのニーズ

2つ目の質問には「積極的に展示会に出展していきたい」と応えた企業のうちの約7割がニーズがあるとの回答でした。ニーズがないと回答した企業のほとんどは「自社に出展ノウハウがある」とのことでした。これは思ってた感じの割合になりました。

お話を聞く中で興味深かったのは「会社に若い人が増えたことにより、製造効率が上がって時間ができた。なので展示会を活用してもっと仕事を増やしたい」とおっしゃった方がいらしたことです。製造効率を上げる、という一見展示会とは関係なさそうなことが、結果として展示会の出展につながるんだ、と。

こういった自分では想像しないようなことを知れるのがヒヤリングのいいところですね。お客さんから直接話を聞くことの大切さを改めて感じた経験でした。これからも展示会を活用して会社を良くしていきたいと思ってくださる企業が増えるような活動をしてきたいと思います。

まとめ

今朝のブログはあだちメッセ出展企業へのヒアリングから見えてきたことをまとめてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

展活セミナーを受けてくださった方の数が1000人を超えました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は暑かったですね。今日も

記事を読む

「解決します!」と言いたくない心理

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 秋晴れ。日に日に湿気も少なく

記事を読む

招待状は効果がない?

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 雨の朝。まだ梅雨ではないのか

記事を読む

中小企業展示会におけるブース要員について

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は変な天気でしたね。すご

記事を読む

展活セミナーから7社が出展!メッセナゴヤ2018

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日の名古屋は暑かったー! 

記事を読む

日本ものづくりワールド2018レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日から東京に来ています。そ

記事を読む

チラシを解体してブースを作る際の注意点

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 大阪市内、今日はお天気が崩れ

記事を読む

1小間ブースで最初に見られる場所

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 大阪市内先ほどまで雨が降って

記事を読む

関西機械要素技術展2017 初日レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 急にグッと冷え込んだ朝。外気

記事を読む

けいはんなビジネスメッセ レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 いいお天気は今日までで明日か

記事を読む

tenkastu_bunner
コンテンツマーケティングジャパン レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

女性が自立するための条件とは 講演レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

日本ものづくりワールド2019レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

2019年“日本ものづくりワールド”の変更点

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

展活フォローアップ(第3期)レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る

  • profile

    大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑