*      

東京ビッグサイト使えない問題を知ってください

公開日: : 展示会活用のはなし

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

今日は朝から名古屋にむかうので、その前にどうしても日経新聞を入手したく4時半にコンビニに走ったのですが…。

東京ビッグサイト使えない問題

本日の日経新聞24面全面を使って日本展示会協会による「見本市中止問題」に関する広告が掲載されているそうです。ということを昨日知り、今朝早くからコンビニで日経新聞を入手したのですが、残念ながら大阪で売られていたものは別の広告でした(泣)。

どうなんでしょう? 大阪以外の地域では予定どおり日本展示会協会の広告が載ったのでしょうか? こういった広告が掲載されていますか? ともあれ、今朝のブログはこのテーマで書くと決めていたので、このままこの問題について書いていきますね。

この問題については何度も書いてきましたが改めて概要を説明しますと、2020年の東京オリンピックの前後20ヶ月にわたり東京ビッグサイトが海外メディア向けの放送施設として使用されるため、展示会(見本市)が中止されることになります。

それに対して展示会主催者や関連企業からなる日本展示会協会は早くから行動を起こしてこられました。しかしいまだに知らない人も多く、更に多くの方にこの問題を知ってもらうため、今回こちらの広告を掲載されたそうです。

>>掲載内容はこちら

広告記事の内容にもありますように、20ヶ月もの間、東京ビッグサイトが使えないとなると232本相当の展示会が中止に追い込まれ、7万8000社の出展社が2兆円の売上を失うことになります。

ちなみに国家予算は97兆円です。国家予算の約2%って…。

考えられる解決策

広告記事によると、現在のビッグサイトに比較的近い土地に代わりの展示場を建設するには200億円の資金が必要だそうです。金額が大きすぎてよくわからなくなりますが、200億とは2兆の1%。200億円で2兆円の損失を回避できるのであれば決して高くない投資である、といえます。

また放送施設を別の場所にという案もあります。少し前までは豊洲市場を代替地にという案が推されていましたが、今回はそれはなくなっていますね。別にメディアセンターを建設する案が提示されています。

ロンドンや北京やリオではオリンピック期間中も展示会は通年どおり開催されたそうです。そもそも展示会会場を放送施設として使おうなどという発想自体なかったとか。普通に考えればそうでしょうね!

オリンピックまで3年をきりました。今年中か遅くとも来年の4月までに代替案が通ったら展示会の中止を回避できるそうです。展示会を活用されている企業はもちろん、全ての中小企業の皆さんに関心を持っていただきたくこのブログを書きました。

この記事が問題を考えていただくきっかけになれば幸いです。

まとめ

今朝のブログは日経新聞に日展協の広告が掲載されたことを期に東京ビッグサイト使えない問題について書いてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

町工場見本市2017 2日目レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日から少し暖かくなりました

記事を読む

知名度を高めるための出展?

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 毎日、予想気温を見るだけでク

記事を読む

京都ビジネス交流フェア2018 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 少し春めいてきた大阪。くしゃ

記事を読む

2017年秋の展示会スタートするなら今!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日もまた爽やかなお天気!そ

記事を読む

展示会をきっかけに

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日はしっかりとした雨が降り

記事を読む

展活的メッセナゴヤの歩き方

こんにちは^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 気持ちの良い秋晴れ。そんな大阪から今

記事を読む

展示会でオレンジ色を使うときに注意すること

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 明るくなる時間がだいぶ遅くな

記事を読む

問題解決型展示会を振り返り次回へつなぐ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 また少し寒さが戻ってきました

記事を読む

おすすめの展示会はありますかという質問

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今年は桜の満開が早かったから

記事を読む

展示会来場者へ送るお礼状のひと工夫

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 なかなか明るくならないのでつ

記事を読む

tenkastu_bunner
コンテンツマーケティングジャパン レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

女性が自立するための条件とは 講演レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

日本ものづくりワールド2019レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

2019年“日本ものづくりワールド”の変更点

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

展活フォローアップ(第3期)レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る

  • profile

    大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑