*      

出展ジャンル別「難しい」と感じるポイントの違い

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

昨日はすっきりしないお天気でしたがその分少し暖かく感じました。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

出展するものは商品・技術・サービスのどれなのか

展示会に出展するものは商品・技術・サービスのどれかですが、そのどれを出展するのかによって変わることを考えてみました。やることは一緒なんです。誰に伝えたいのかを明確にし、その人のお困りごとを書き出し、どうやってそれを解決できるのかが伝わるような展示会を作っていく、という流れです。

その過程で何を出展するのかによって違うポイントがあるとするならば“難しい”と感じるポイントが違うのかなと思い、ちょっと書き出してみました。

商品の場合

商品の場合は形あるものがあるので比較的展示会は作りやすい、と思われがちです。難しいのは展示会という場は最終消費者に出会うというよりはそこに届けてくれる人に出会う場なので、最終消費者のどのようなお困り事が解決できる商品なのかわかるような展示をしつつ、伝えたいのはそこに届けてくれる人なんです。そこに届けてくれる人とは販売店、商社、卸売会社、代理店、横文字ではサプライヤーとかディストリビューターとか呼ばれる人たちです。なので最終消費者とそこに届けてくれる人例えば販売店の双方のメリットが伝わるような展示会を作らねば、と考えると結構難しいです。

技術の場合

技術を伝える場合はわかりやすく形あるものがない、という点が難しいです。その点についてはこれまで何度も書いてきました。答えとしては「問題解決型展示会を作ること」です。ただその“問題”がどこにあるのかを絞り込むのが難しい、ということが今年名古屋展活セミナーをやってみてすごく感じました。自社が持つ技術で提供できる解決策はお客さんのどのようなお困り事とマッチするのか、そこって初出展では予想するしかないんですよね。もちろん事前にヒアリングに回っていただけたらある程度絞れるとは思いますが、今回思ったのはいっそそこを探すこと自体を出展目的にしてしまう、というのもありだな、ということです。1回目はとことんニーズ把握だけを目的に出展してみて、本気で成約を狙うのは2回目以降にしてみるとか。

サービスの場合

サービスはそもそもあまり展示会に出展されないジャンルなので事例が少ないという点が難しいです。これも上記二つと同じように最終消費者のお困り事を伝えながら展示会で伝えたいのはその前段階の人だったり。ただサービスとはそもそも誰かのお困り事を解決するためにあるものなので、問題解決型展示会を作る、という点では作りやすいとは思います。

昨年1年間名古屋展活セミナーを通じて皆さんとじっくり向き合わせていただいたことで一番悩まれる点がずいぶんわかったことはとてもありがたいことです。この何を出展するのかによって変わる皆さんが「難しい」と感じるポイントをいかにクリアするのか、これから考えていきたいと思います。

まとめ

今朝のブログは出展ジャンル別「難しい」と感じるポイントの違いについて考えてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

失敗しない展示会出展のノウハウ@津 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 しばらくすっきりしないお天気

記事を読む

展活セミナー4講(最終講)レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 この週末から少し涼しくなりま

記事を読む

けいはんなビジネスメッセ2017のお知らせ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日から8月! 昨日は体感的

記事を読む

DIYショー初日レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 幕張でむかえる朝。今は風が強

記事を読む

今日はメッセナゴヤの申込み日

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 気持ちの良いお天気が続く大阪

記事を読む

展示会って儲かるの?

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は台風一過ですっきり晴れ

記事を読む

模擬ブースチェック訪問 3日目

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 一瞬だけ大阪を経由して今日は

記事を読む

展示会見学ツアーの魅力

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日の花粉は強烈でしたね。し

記事を読む

熊本講演「失敗しない展示会の作り方」レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 朝晩は寒いくらいの体感になっ

記事を読む

展示会は商社・個人どちらに向けて作ればいいのか

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今週はバレンタインですね。週

記事を読む

tenkastu_bunner
名古屋ものづくりワールド2019 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

今日はメッセナゴヤの申込み日

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

新しいプロフィール写真を撮りました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

展示会前後のスケジューリングが楽しくなる方法

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

展活セミナー2019第1講 レポ

こんにちは^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 4月だ

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑