*      

映画レポを書くつもりが懐古ブログに

公開日: : 心のはなし, 日々のはなし, 大河

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

9月に入り朝晩が涼しく過ごしやすくなりました。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

こんな関ヶ原が見たかったよね!

『関ヶ原』が岡田准一主演で映画化されると知ったときからこれは必ず映画館で見ようと思っていました。昨年の大河ドラマ真田丸では関ヶ原の合戦はほぼナレーションベースでしたからねー。がっつり関ヶ原メインの話が見たいなー、という欲求はずっとあって。そんな歴女の願いを叶えてくれる映画『関ヶ原』。早速見てきました。

内容はほんとに「こんな関ヶ原が見たかった~!ありがと~!」という感じ。ドラマと違って怪我や死体の表現がリアル。戦闘シーンも迫力がありました。ただセリフは半分も聞き取れませんでした(笑)。早口でガナるセリフが多くて(笑)。歴史を知ってるから、会話の相手が大谷刑部が映ってるから大体こんなこと言ってんだろうな、とか小早川金吾だからまぁこんな感じのこと言ってんだろう、と大体想像はつくのでストーリーはわかりましたが。調べたら字幕付きの上映もあるみたいなんで、そっちを見ればよかったのかな、と。DVDが出たら字幕出して一時停止しながら見たらディテイルも楽しめそうです。

パンフレットによると岡田くんの馬は官兵衛のときと同じ馬だそうです。そんな豆知識をしれるのも大河ファンとしてはうれしいですね♪

司馬遼太郎と私

そんな映画『関ヶ原』ですが、どこで見るか迷って布施で見ました。布施というと原作者の司馬遼太郎氏のご自宅の近く。司馬遼太郎記念館とセットで訪れる人も多いのか、映画館も結構混んでました。

歴史小説の大家である司馬遼太郎氏。実は私、人生のほんの一時、すごくこの方を身近に感じていた時期がありました。それは私があのあたりの高校に通っていた頃。高校と合わず一日も早く卒業することだけを考えて過ごしていた私はいつも窓の外ばかり見て意識を外に外に逃がそうとしていました。そんな私の視界にたびたび現れたのが奥様らしき女性と散歩される晩年の司馬遼太郎氏でした。氏の姿を見つけ眺めることはここではないどこかへ続く風穴のようで、もう少しここでがんばろうと思えたものでした。

私があの高校を卒業して3年後に亡くなられたので、今思えばすごく貴重な経験をさせていただいていたんですよね。

四半世紀ぶりに布施で映画鑑賞

懐古が止まらないのでもう開き直ってもう一個思い出を書きます(笑)。布施で映画を見たのは『幕末純情伝』以来。調べたらなんと26年ぶりでした(笑)。四半世紀以上! 『幕末純情伝』とは沖田総司は女性だったという設定の幕末を描いた時代劇で私が見たのは1991年の映画版ですが、それ以前もその後も何度も舞台で上演されてる演目みたいですね。歴代の女優さんの顔ぶれがすごい。

ただ私は映画の内容はあまり覚えていなくて、BY-SEXUALの主題歌の印象くらいしか残っていません。昨日映画を見たあとに思い立って検索してみたら最近再結成したみたいで、アラフィフの彼らが奏でる「沖田総司はBカップ」は思いのほかかっこよかったです!

やっぱり布施に行くと高校時代を思い出します。平日の過ごし方は当時想像もしなかった毎日だけど、休日の過ごし方はびっくりするくらい同じ(笑)。そんなことにも改めて気付いたりした日曜日でした。

まとめ

今朝は『関ヶ原』の映画レポを書くつもりがほぼ懐古になってしまったブログでした(^^;;

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

ZOOM事始め その1

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 エイプリルフールも過ぎ春らし

記事を読む

今年のお悩み今年のうちに

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 12月に入りましたねー。来月

記事を読む

展示会での気付きが人生を変えることもある

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 べったりと降り続いた雨の中、

記事を読む

講演実績が100回になりました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 ようやく秋晴れと言えそうな清

記事を読む

45歳になりました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日も暑かったですが、週末あ

記事を読む

ジャニーズグループ25周年むかえられない説

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 ゴールデンウィークが終わりま

記事を読む

斜陽産業からの逆転劇

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 秋花粉によるアレルギーで蕁麻

記事を読む

一度がんばり方を覚えればどこでも通用する

こんにちは^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 台風の影響が残っているのかまだ少し風

記事を読む

どうすれば展示会に本気で取り組もうと思えるのか

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 8月も最終日じゃないですか。

記事を読む

1000本ノックの思い出

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 日に日に朝でも暑く、夏っぽく

記事を読む

tenkastu_bunner
あらためまして“くだらないものグランプリ”のお知らせ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

【動画】大阪勧業展2020 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

大阪勧業展2020 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

オンライン展示会対策講座1日目@名古屋 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

展示会用タペストリーを作成する際のポイント

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑