*      

1度しか使わないならポスターもアリ

公開日: : 最終更新日:2021/02/24 展示会ノウハウ, 展示会活用のはなし

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

秋花粉によるくしゃみを連発する朝。春花粉より症状はマシだけどダラダラと長く続くのが秋ですねー。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

タペストリーを作らなければならないわけではない

私は展示会ブースの壁面装飾にはタペストリーをオススメしています。なぜならポスターだと繰り返し使用するうちに折れてくるからです。展示会用ブースパネル1枚の幅は1メートルなので、ポスターだとA0サイズがちょうど良いサイズになります。A0サイズは幅841ミリ×高さ1189ミリとかなりの大きさです。このサイズのポスターを折らずに持ち運ぼうと思うとなかなか大変です。

なので、持ち運びに便利で繰り返し使えるタペストリーをおすすめしています。

しかし必ずタペストリーを作らなければいけないわけではありません。あえてポスターのほうがいい場面もあります。それは1度しか使わない場合です。

例えば
・今回だけいつもより大きなブースで通常使用しているタペストリーにプラス2m分の壁面に何かしら掲示するものが必要

・今回は実験的なブースなので同じテーマでは今後は出展しない予定

みたいな場合です。

このような場合は何も無理をしてタペストリーを作る必要はありません。1m幅のタペストリーを作るとかなりリーズナブルに作ったとしても2万円くらいはかかります。

しかし、これをポスターで済ませると3000円くらいから制作可能です。もちろんここにはデザイン代は含まれません。あくまでも印刷=制作にかかる費用です。

展示会にかかる費用が高くなるのも安くなるのもデザイン費次第です。デザインを全て自社でやれば、2万円以内で展示会セットを全て作ることも不可能ではありません。

格安プリントで有名な“プリントパック”はPDF入稿が可能です。なのでイラストレーターが使えない人でも例えばパワーポイントやワードでポスターのデザインを作成し、それをPDFに変換して入稿すれば3,000円ほどでポスターは作れてしまいます。

展示会ブースの大きさが2m×2mで、サイドの壁面は1mずつしかないようなブースの場合、必要最低限の掲示物としてポスター4枚とテーブルクロスがあればブースは成り立ちます。

テーブルクロスを自作するとして、

ポスター4枚×3000円 =12,000円
テーブルクロス 布代+アイロンプリント代 =8,000円
合計20,000円になります。

もちろん手間はかかります。安く上げるためには手間がかかり、時間を節約するためにはお金がかかります。それは展示会にかぎらずどの分野でも同じですね。

少し話がそれてしまいましたが、今朝のブログでお伝えしたかったことは壁面掲示物は必ずしもタペストリーでなくてもよい、1度しか使わないのであればポスターでもオッケー、ということです。

まとめ

今朝のブログは1度しか使わないならポスターもアリというテーマで書いてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

MOBIO展活セミナー2020第4講 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 日に日に秋が深まっていきます

記事を読む

展示会における動画を考える

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今回の雨は長いですね。イベン

記事を読む

展活のウェブサイトに新メニュー登場

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 夜中じゅう降り続いた雨もやん

記事を読む

展示会対策講座2019 3日目レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 乾燥したお天気が続いていまし

記事を読む

あだちメッセ出展者説明会“販路開拓セミナー”レポ

こんにちは^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 大阪に帰ってきました。今日は月末の大

記事を読む

(行けないけど)JIMTOF2018はじまります

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 明るくなる時間がますます遅く

記事を読む

展活セミナー2021 2講レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

展示会用タペストリーを作成する際のポイント

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 気づけば10月半ば。今年も残

記事を読む

“くだらないものグランプリ”キックオフ!!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 毎朝5時半には蝉がなきはじめ

記事を読む

時代の転換点にいる今、展示会も変わります

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 朝は少しひんやりしていますが

記事を読む

tenkastu_bunner
オンデマンド講座

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

大阪市魅力発信事業がはじまりました!

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

【動画】オンライン展示会2周目に突入!

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

Japan IT weekオンライン レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

ACHEMA Pulse2021 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑