*      

「うちにはできない仕事」は考えるチャンス

おはようございます^^
中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

4月1日、新年度のはじまり。そんな早朝の大阪から今朝も展活タイムズをお届けします。

できない仕事の引き合い=“意味なし”なのか?

展示会に出展してみたものの、次回の出展を見合わせる企業さんがおっしゃることの一つに「展示会に出してはみたものの“うちにはできない仕事”の相談が多かった」というものがあります。大体、残念そうな顔でそうおっしゃるのですが、これって残念な結果なのでしょうか。私の展活セミナーを受講くださった皆さんはおそらくそういったとらえ方はされません。

私は「うちにはできない仕事」は考えるチャンスだと捉えています。そのように捉えて上手くいった事例もこれまでいくつもありました。具体的に紹介をしていきます。

あと何かあればできるのか

一番大事なのは「あと何かあればできるのか」を考えることです。それは設備なのか技術力なのか人材なのか。そしてその足りない部分を補うことによって商品力が上がり、より利益率の良い仕事ができるようになることが予想できたり、新しい事業の柱をもう一つ作れそうだったりする場合は、補助金や助成金をうまく活用しながら「足りない部分」を補う方法を考え行動に移してください。

これこそが“展示会をマーケティングの場として活用する”ということです。

この決断をするための基準を示せればよいのですが、私の本音は「経営者やったらわかるやろ!」です(笑)。「あと“これ”があればうちはもっと良い会社になれる!」という判断を下すのは最終的には経営者です。

振れる先はあるか

その仕事ができるようになることにメリットを見いだせないケースも当然あります。その場合は“振れる先”をいくつか持っておくとよいです。展示会はそういった協力会社を見つけるためにも有効な場です。また今はSNS等を活用し、普段から横のつながりを育てておくことも可能です。

まったく見当外れな引き合いばかりなのか

上の2つとは違う“まったく見当外れな引き合いばかり”というケースもあります。この場合は展示会のコンセプト作り、その先のブース作りに問題があります。まったく見当外れな相談ばかりあるということは、そういう人にしか目にとまらない展示会ブースを作ってしまっているのです。まず「誰に何を伝えるための出展か」を言語化し、ブースに展開する際はそれを“見える化”することから考えなおしましょう。

「うちにはできない仕事」は考えるチャンスです。商品力アップや事業のもう一つの柱にできないか、考えてみる機会にしてください。

まとめ

今朝の展活タイムズは「うちにはできない仕事」は考えるチャンスというテーマでお届けしました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

中小企業のための展示会活用術2

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 いいお天気になりましたね。今

記事を読む

1年目の経験は2年目に活かしてこそ!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今は冷たい雨が降っている大阪

記事を読む

町工場の展示会活用と2020年問題(1)

こんにちは^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 いよいよ夏っぽくなってきました。そん

記事を読む

【動画】ドイツ・フランクフルトのオンライン展示会を見学

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

問題解決型展示会を振り返り次回へつなぐ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 また少し寒さが戻ってきました

記事を読む

堺市産業振興センターでのセミナーのご案内

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 夜中に雨が降ったようでしっと

記事を読む

商品力や伝達力の前に持っておかなければならないもの

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

メカトロテックジャパン(MECT)2021 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

ACHEMA Pulse2021 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

まずは頭に問いかけることが大事

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 梅雨の晴れ間な感じの朝。そん

記事を読む

tenkastu_bunner
FIELD STYLE 2022春 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

ものづくり岐阜テクノフェア2022 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

MOBIO展活セミナー2022実践コース1講 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

わかやま企業力向上販売戦略事業(販売力向上コースBtoB)1講レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

とくしま展示会活用セミナー2講&高機能素材weekレポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑