【動画】展示会の搬入・搬出どうしてる?

おはようございます^^
自社の問題解決力を見える化し展示会を成功に導く、展示会活用アドバイザーの大島節子です。

ついに週間予報から猛暑日マークが消えました。ようやく秋になってゆくのですね。そんな早朝の大阪から今朝も展活タイムズをお届けします。

待ち時間の問題を解決したい方におすすめのサービス

YouTube展活チャンネルに新しい動画「展示会の搬入・搬出どうしてる?」をアップしました。

展示会の搬入・搬出は社用車で行うことが多いと思いますが、その場合は搬入はともかく搬出は一時に集中するのでどうしても待ち時間が発生してしまいます。そんな待ち時間の問題を解決するサービスがあります。

それは「JITBOXイベント輸送サービス」です。

よくスーパーなどで見かける“カゴ台車”をイメージしてください。あのカゴ台車のようなものが展示会前に会社に届きます。サイズは幅104cm×奥行104cm×高さ170cmです。このボックスに展示会に必要なものを詰めれるだけ詰めます。それを展示会搬入日にブースまで届けてくれ、展示会終了後にはブースにそのボックスが届き、荷物を詰めて伝票を貼って置いておくと、数日後に会社に届きます。

気になるお値段は大阪市内の会社から東京ビッグサイトまでは23,430円。

大阪市内から東京までのETC代と高速代の合計が19,205円なので(NAVITIME自動車ルート検索調べ)、絶妙な金額だと思いませんか?この値段が高いのか安いのかは各社の価値観次第ですが、展示会が成功すれば一瞬で回収できる金額ではあります。

一度使うと本当に便利さが身に染みてわかるサービスなので地元の展示会でも使われる企業さんも結構ありますよ。気になった方はこちらのサイトからどうぞ。

>>JITBOXイベント輸送サービス

まとめ

今朝の展活タイムズはYouTube展活チャンネルに新しい動画アップのお知らせでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。


中小企業向けオンライン個別サポートのご案内。無料相談会随時受付中!

>>展示会活用アドバイザー大島節子へのお仕事依頼はこちらからお願いします

The following two tabs change content below.
Avatar photo

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。