*      

展示会用プレゼンの作り方3

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

昨日は冷えましたねー。今日は少しだけ寒さがやわらぐようで。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

ポイントは問題解決事例の見せ方

今週は「展示会用プレゼンの作り方」というテーマでブログを書いています。展示会用の“問題解決型チラシ”があればプレゼンは比較的簡単に作ることができます。昨日はチラシの素材をプレゼン構成にあてはめていく具体的な方法をご紹介しました。

>>展示会用プレゼンの作り方1
>>展示会用プレゼンの作り方2

何度も書いていますが、プレゼンには基本の構成があります。
1.タイトル
2.会社紹介
3.問題提起→ゴール
4.問題解決事例
5.まとめ

今日は本題である「4.問題解決事例」の見せ方について書いていきます。

4.問題解決事例

これまで同様、問題解決事例もチラシの素材を使ってスライドを作り、それを元にプレゼンをします。まずは「このようなお困りごとはありませんか?」という問いかけをします。

【プレゼン例】
例えばこのようなお困りごとはありませんか? 
お困りケース1、研究開発のイライラ。

化学プラント Oソーダ研究開発課長 A木さんはこのようなお困りごとをお持ちでした。
「研究開発用の超小型撹拌槽をイメージ通りに作ってくれるようなエンジニア会社がなくて困っていました。」

そして、その問題に対して自社が提供できる解決策を提案します。

【プレゼン例】
そんなA木さんへのコンパクトエンジニアリングからのご提案はこちら。
「お客様が見えていないような技術的な課題と設計上の課題も一緒に考え、克服し、作り上げます。」

超小型の撹拌槽をとりいれることでお悩み解決!
こういった研究開発のイライラというお困りごと解決の実績は127件ございます。

※サンプルなどがあればそれを見せながら説明する

こんな感じで2つ目と3つ目の問題解決事例もチラシの素材を使ってスライドを作り、プレゼンをします。

5.まとめ

最後のまとめはまたこのスライドを使えばいいでしょう。

【プレゼン例】
私どもは化学・医薬品・食品・産廃プラントの設計・技術・予算のお困りごとを解決する会社です。
このあともブースではスタッフが個別にお客様のお困りごとをお聞きいたしておりますので、皆さまぜひケイ・エイチ工業のコンパクトエンジニアリングにご相談くださいませ。
ありがとうございました。

展示会なので最後の締めはブースへの誘導がいいかと思います。プレゼン内容によってはもっと別のクロージングの言葉で締めたほうがいい場合もあります。

3回に分けて展示会用問題解決型チラシを元にプレゼンを作る方法をご紹介してきました。チラシさえできていればプレゼンを作ることはそう難しくない、ということがおわかりいただけましたでしょうか?

参考にしていただけましたら幸いです。

まとめ

今朝のブログは展示会用プレゼンの作り方の3回目でした。これにて展示会用プレゼンの作り方シリーズは完結です。来週はまた別のテーマで書きますね。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。
大島 節子

最新記事 by 大島 節子 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

海外用ブース作りとお客さんの反応2

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 最近は5時だとまだ真っ暗で6

記事を読む

お客さんの頭の中を“具体的に”想像する

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 連日の猛暑ですが、少しずつこ

記事を読む

展示会を検証・改善するためのツール2

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 ひんやりな朝。そんな早朝の大

記事を読む

どうでもいい話を延々続けるお客さんの対応

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 急にあたたかくなりましたね。

記事を読む

採用ブースを考える 後編

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は一日よく降りましたね。

記事を読む

“売りたい何か”しかない時期もあっていい

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 先週の暑さが嘘のような爽やか

記事を読む

展示会で目を引くには“動くもの”

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 11月に入りました。今年もあ

記事を読む

今年は長いお盆になります

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨晩も少し涼しくてよく眠れま

記事を読む

展示会のマーケティング効果を数値化してみた

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は不安定なお天気でしたね

記事を読む

DIYショー初日レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 幕張でむかえる朝。今は風が強

記事を読む

tenkastu_bunner
今、私の頭の大半を占めていること

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

“毎日文字を書くこと”とは

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

展活プレセミナー参加募集中!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

働く女性のためのセミナーのお知らせ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

“誰”を明確にする方法の一つ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る

  • profile

    大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑