*      

今更ですがKindleの読み上げ機能を活用しはじめました

公開日: : 日々のはなし

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

昨日は1日中よく降りましたね。そのせいか今も空気がまだしっとりしています。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

スマホに本を読んでもらう

今更ながらKindleの読み上げ機能を活用しはじめました。簡単に言うとスマホに本を読んでもらう、ということです。使っておられる方は随分前から活用されてるかと思いますが、周囲に話してみたところ意外と知らない方もいらしたので、使い方を紹介しますね。

まずKindleとはアマゾンで買える電子書籍です。最近は紙の本の出版から少し経つと多くの書籍がKindle、つまり電子書籍でも買えるようになってますよね。アマゾンで書籍のKindle版を買うと自分のスマホにダウンロードされます。なので紙の本を持ち歩かなくても移動中やお風呂タイムに読書ができるようになります。

iphoneの画面読み上げの機能と併用することでKindleの読み上げが使えることはずいぶん前から知ってはいたのですが、1度試しに使ってみたときはあまりの漢字の誤読の多さに意味がわからず、「これはまだあまりつかえないなぁ」といった感想をもってしまい、それ以降使っていませんでした。

でも最近すごく早く読みたい本があって、寸暇を惜しんで例えば家事をやりながら読みたいと思ったときにふと読み上げ機能のことを思い出し、再度チャレンジしてみました。

すると今回の本とは相性がよかったのか漢字の誤読もそれほど気にならず、内容がすんなり入ってきました。なので最近は炊事やそうじなど頭を使わなくていい作業をする際は、Kindleの読み上げ機能で電子書籍の音読を聞きながらというスタイルでやっています。

また電車での移動中は画面を見ながら読み上げ音声を聞いていると、多少寝ぼけていても内容が入ってくるので、画面を見れる環境にあるときも音声を聞くようになりました。

設定の方法は下記のとおりです。(iphoneでのやり方しかわかりません。すみません。)設定→一般→アクセシビリティ→(視覚サポート)→スピーチと進み、画面読み上げをオンにします。

そしてKindleを開き読み上げてほしいページの画面の上部から2本指を下にスライドさせます(ここがポイント!)。そうすると再生ウインドウが出てくるので再生ボタンを押します。読み上げの速さはうさぎと亀のマークで調整できます。

なんか、我々が大学生くらいのときのことを思うと夢みたいな機能ですよね。iphoneさえ持ってたら追加料金をまったく払わなくても使えてしまうのですから。Kindleのアプリもタダだし。あ、もちろん電子書籍は買わないといけないですけど(笑)。

まだまだ相性のいい本と悪い本があると思うのでこれからいろいろ試していきたいです。

まとめ

今朝のブログは最近活用しはじめたKindleの読み上げ機能についてご紹介してみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

視点が変われば景色が変わる

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 先週から風邪を引いてしまって

記事を読む

出張と台風 覚書き

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 また台風くるんですね。非常に

記事を読む

今年のお悩み今年のうちに

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 12月に入りましたねー。来月

記事を読む

斜陽産業からの逆転劇

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 秋花粉によるアレルギーで蕁麻

記事を読む

私たちは無意識に無駄を抱えている

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 明るくなるのがますます遅くな

記事を読む

最近、ジャニオタ忙しくない?

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日はめずらしく夜更新。理由

記事を読む

もはや日本の伝統芸能

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は暖かいを通り越して暑い

記事を読む

今年は12,000社の展示会を見ました

こんにちは^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は午後から急に雨が降り出して夜は

記事を読む

今年も大河を完走しました2018

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今年も今週で終わりですね。さ

記事を読む

展活5周年でした

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 ゴールデンウィークが終わりま

記事を読む

tenkastu_bunner
コンテンツマーケティングジャパン レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

女性が自立するための条件とは 講演レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

日本ものづくりワールド2019レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

2019年“日本ものづくりワールド”の変更点

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

展活フォローアップ(第3期)レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る

  • profile

    大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。
  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑