展示会に出展を検討される際、
事前に勉強のために幾つかの展示会を見学なさると思います。

仕入れや営業のためではなく、
あくまでも“出展の勉強のため”に展示会を見学する際の
オススメ見学方法があるのでご紹介いたします。

これは私が学生時代に教わったやり方です。
私は大学の専攻が美術史で、
「博物館学過程」という学芸員の資格をとるためのコースを受講していました。
毎月のように展覧会を見学し、
レポートを書いて提出していました。
レポートを書く際は1作品について400文字でまとめる、という決まりがありました。

何度も何度も展覧会を見学しレポートを書く、
ということを繰り返していくうちに、
なんとなく身体で「展覧会とは何か」「いい作品とは何か」
「効果的な展示方法とは」ということがわかっていきました。

この経験を展示会見学にも応用できると思い、
前回の展示会ツアーで取り入れました。
展示会ツアーについてはコチラ>>

では、具体的に紹介します。

まずはじめに会場案内図を入手し、
それを見ながら会場全体をざっとまわってください。
この際のポイントはいちいち立ち止まらないことです。
1時間なら1時間と時間を決めて、まず全体を見ます。
そして気になったブースがあったら、
会場案内図にチェックを入れておきます。

そして一旦どこかに座り、
チェックを入れた会場案内図を見ながら、
最も印象に残っているブースを選びます。

そしてその選んだブースについて、
1.ブース番号、会社名
2.商材
3.キャッチコピー
4.ターゲット(○○を探している○○業界の○○職、担当の人)
5.取り入れたいポイント
6.そのた気付いたこと(ここをこうしたらもっと良いのでは、等)
以上を書き出してください。

写真撮影が可能であれば撮影してください。

ここまででも良いのですが、
この書き出した6点を元に、
400字くらいでレポートを作成すると、
人に説明する際に使えるものができると思います。

このやり方を何回か繰り返すうちに
自社のブース像も見えてくると思うんですね。

そして書きためたレポートを元に、
ブース案を作れば、
ブース施工業者とのやり取りがある場合も、
自分が思うイメージがよりきちんと伝わると思います。

まず数を見ること。
そして1点に集中して深く考察すること。

オススメの勉強法なのでぜひ取り入れてみてください(^ ^)