*      

展示会ブースの壁面を塗りつぶす効果

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

昨日も暑かったですねー。ついに耐え切れなくなってエアコンを入れてしまいました。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

目に止まるための色の活用法

展示会で目をひくブース作りのポイントの一つに“壁面を塗りつぶす”というテクニックがあります。展示会会場は全体が白とグレーなのでその中に色の塊を置くことで自然とそこに視線が行くんですね。

壁面を塗りつぶす方法としては、木加工でブースを作るとか、壁面パネルにカラーシートを貼るとか色々方法はありますが、木加工をすると数十万円程度の予算が必要ですし、壁面パネルにカラーシートを貼るにしても数万円はかかります。

そこでオススメなのが展示会用にタペストリーを制作する際に、壁面パネルと同じサイズで作る、という方法です。タペストリーはどっちにしても作るものなので、これを少し大きく作るだけなら本来必要な経費のプラス数千円で制作可能です。

上はケイ・エイチ工業さんが自社製品“一発!早出しクン”を出展された際のビフォーアフターです。ビフォーは特に色は使わず看板やテーブルクロスは白色。壁面パネルは何が書いてあるのかよくわかりません。アフターは水色のタペストリーを壁面パネルと同じ大きさで制作し、同じ色でテーブルクロスも制作。ブース全体を水色で塗りつぶしています。照明が非常に強いので写真だと色が白っぽく飛んでしまっていますが、現地で見ると周囲のブースから浮き上がるような効果を発揮していました。

もう既にタペストリーを作ってしまっている場合は、手芸屋さんでを買ってきて壁面の上部にクリップで止めるのもいいですね。これも数千円でできる壁面塗りつぶしテクニックです。

展示会ブースは白のまま残す部分を減らせば減らすほど目出つ!それはわかっていても中小企業の展示会出展は予算も限られているので、その中で節約しながらも目を引くテクニックを駆使して展示会を成功させたいですよね。今日紹介した方法は取り入れやすいと思うのでぜひやってみてください(^^)。

まとめ

今朝のブログでは展示会ブースの壁面を塗りつぶす効果とその具体的な方法について書いてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

MOBIO展活セミナーに続々と参加表明をいただいているようです

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 4月はじめの週末金曜日、快晴

記事を読む

燕三条ものづくりメッセ2020 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 朝のひんやり具合がまた一段階

記事を読む

スローガンは展示会用のキャッチコピーではない

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 ひんやりとした朝。今度こそこ

記事を読む

人だかりができる合同出展ブース

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 夜中に降っていた雨もあがり良

記事を読む

秋の展示会シーズン突入!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 広島に来ています。とっても気

記事を読む

伝わる話の構成にはテッパンがある

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 各地で集中豪雨だったりヒョウ

記事を読む

メカトロテックジャパン2019 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨晩の雨でまた季節がぐっと進

記事を読む

新ものづくり・新サービス展の説明会に出席してきました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 ひんやりした朝。日中は久しぶ

記事を読む

展示会で助成金・補助金を活用する際に注意すること

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 夏祭りののぼりが立ち始めまし

記事を読む

模擬ブースチェック訪問@加藤精工さん

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 年末の風物詩M-1グランプリ

記事を読む

tenkastu_bunner
オンデマンド講座

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

大阪市魅力発信事業がはじまりました!

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

【動画】オンライン展示会2周目に突入!

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

Japan IT weekオンライン レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

ACHEMA Pulse2021 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑