けいはんなビジネスメッセ2017説明会レポ

こんにちは^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

昨日の雨のおかげか緑が美しく感じる金曜日。そんな大阪から今日もブログをお届けします。

先端技術を持つ企業がけいはんな学研都市に集結

9月7日(木)けいはんなプラザで今年の10月に開催されるけいはんなビジネスメッセ2017の説明会にて出展される企業様向け展示会セミナーの講師をさせていただきました。

こちらの展示会は今年で12回目を迎える展示会でHPによると主旨は下記のとおりです。

けいはんな学研都市を中心とした機関・企業が保有する最先端技術シーズやユニークな中小・ベンチャー企業の独自技術とニーズのマッチングを促進し、ものづくり企業の技術及び事業基盤を強化し、さらには、けいはんな地域はもとより広く関西地域の産業振興に貢献する。

けいはんな学研都市とは京都・大阪・奈良の県境に位置する国家プロジェクトとして建設された都市で、国立国会図書館などもある学術研究地域のことです。けいはんなビジネスメッセにはこの地域の中小企業や研究機関が80社ほど出展されます。

説明会はけいはんなプラザ3階の会議室で開催されました。立派な会議室でスクリーンも大きく、説明会の会場としては最高です!

私は出展社マニュアルの説明やマッチング制度の解説が終わったあとに5番目の出番でした。(今回、写真をお願いするのを忘れていたので私の写真はありません)

平日の午後という非常に眠たい時間帯にも関わらず、すごく真剣に聞いていただきました。学術研究都市に会社を置かれるような方たちだからか、他のどことも違う独特の雰囲気。なんというか、アカデミックでした。終了後も鋭い質問が途切れず、皆さんとても熱心に展示会に取り組んでおられるということが伝わってきました。

名刺交換に並んでいただいたのになかなか順番が来ず、途中で諦められた方がいらっしゃいましたよね?申し訳ありません。何か質問がおありだったのであればぜひメールをください。info★tenkatsu.netまで(★を@に変えてください。)

説明会終了後は当日ブースが設営されるエリアを見学させていただきました。この広々した空間に80ほどのブースが並ぶことになります。

私は10月26日27日の本番どちらかの日におじゃまします。皆さんの製品や技術を見せていただくのが楽しみです♪

まとめ

今朝のブログはけいはんなビジネスメッセ2017説明会レポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。