*      

支援業をこころざすからには

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

窓を開けていたら寒いくらいの朝。午後から雨が降るようですね。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

我々はモノを売っているわけではなく

20代の終わり頃というともう15年ほど前になるのか…。当時は家業を建て直すためにがむしゃらに動いてました。でもただ動いているだけでは効率が悪いと思ったので勉強もたくさんしました。元手がなかったので高いセミナーには行けず、ジュンク堂でビジネス書を立ち読みしまくって激選してから何冊か買う、みたいな感じで。

そんな中で“支援業”という言葉に出会いました。全てのビジネスは支援業である。自分のビジネスを単にモノを売っているだけととらえている限り先はない。自分は誰の何を支援する仕事をしているのか、ととらえなおすことで、打つ手が見えてくる、というような考え方です。

それ以来自分の仕事を支援業としてとらえるのはもちろん、人の仕事もこの人は○○屋さんではなく誰の何を支援する仕事をしている人か、というフレームでとらえるようになりました。もう15年ほどになるのでもはやクセというか無意識にやっていますね。

支援業をこころざすからには支援する相手が求めていることを正確に把握する必要があります。展示会はまさにこのスキルが試される場です。ブースに来られたお客さんが本当は何を求めていらっしゃるのか。それを知るためには丁寧にコミュニケーションを重ねていく必要があります。

また、展示会を作る過程もこのスキルが試される場といえます。これは展示会支援をしている私たちのスキルが試される、ということです。お客さんの本当の出展目的は一体何なのか。これは最初の打合せではなかなかつかめません。人はなかなか本音を言ってくれないですからね。本音を引き出すには信頼関係を構築する必要があります。

経験やテクニックも必要とは思いますが、本当に必要なのは根気なんじゃないかな、と最近思います。この人が本当の本音を言ってくれるまでトコトン付き合うぜ!という開き直り?(笑)。制作会社さんとのやりとりの中でも感じます。このクリエイターさんはどこまでも付き合ってくださるのだな、と思えたときに一気に信頼が深まり、いい展示会になるという確信が持てます。

支援業をこころざすからには、目の前のお客さんが本当に何を求めてうちを頼ってくださるのかを把握するためにトコトン向き合う覚悟、そういうものが必要なのだな、と思うこの頃です。

まとめ

今朝のブログは支援業をこころざすからにはというタイトルで何が必要なのかを考えてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

展活セミナー2020フォローアップ レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

積み重ねてきた時間

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今はいいお天気ですが、夜から

記事を読む

展活セミナー2020 3講レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 すっきりしないお天気が続く中

記事を読む

あまがさき産業フェア出展社説明会レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日は暑くなるようですね。少

記事を読む

展活セミナー2021 1講レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

海外に売っていきたいならば

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日の昼間はもうすっかり夏で

記事を読む

経営者に知っていただきたい講演作り3

おはようございます。 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 名古屋でむかえる朝。今日はメッ

記事を読む

展活5周年でした

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 ゴールデンウィークが終わりま

記事を読む

メディア露出のきっかけとしての展示会

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日からG20がはじまるため

記事を読む

動画セミナー@広島オンライン1日目 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 明るくなる時間がずいぶん遅く

記事を読む

tenkastu_bunner
展活セミナー2021 2講レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

名古屋ものづくりワールド2021 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

【動画】YouTube300万回再生以上!「錆びたネジを綺麗にするブラシ」の謎について聞いてみた

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

くだらないものグランプリツアー東海場所レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

展活セミナー2021 1講レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑