*      

バーコード管理のメリットとデメリット

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

今日の午後から明日にかけて梅雨らしいお天気になりそうですね。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

バーコード登録管理システムってどうなんですか?

展示会で名刺を求められる代わりに、首にかけているパスに貼られたバーコードシールをバーコードリーダーでピッと読み取られることがありますよね。今日はあのシステムのメリットとデメリットについて考えてみようと思います。

展示会の受付では名刺と簡単なアンケートを求められますよね。業種は何か、どの程度の規模の会社なのか、決済権者かどうかなどです。パスに貼られたバーコードには名刺の情報以外にもアンケートの情報も紐づけられています。ブース前で配られているノベルティを受け取ると、ほぼ9割以上の確率で「スキャンよろしいですか?」と聞かれ、バーコードをピッと読み取られます。

このシステムは例えばリードジャパンではバーコード登録管理システムという名前で呼ばれています。使用料は今年の名古屋機械要素技術展の場合、バーコードリーダー1台目は6万円(税別)、2台目からは1台につき3万円(税別)のレンタル料。データ1件につき70円のデータ読取料金がかかります。データは展示会終了後1~2週間後に業者が指定するサイトからエクセル形式でダウンロードすることができます。

便利な仕組みですが、もちろんメリットもあればデメリットもあります。順番にみていきましょう。

メリット

メリットの1つ目は何と言っても名刺をもらうよりも簡単に大量のデータを集められることです。ノベルティと交換でスキャンさせてもらうという方法であれば、お客さん側もモノを貰っているという負い目があるのでほぼスキャンさせてもらえます。このやり方であれば、商談ができないスポット派遣のスタッフでもデータを集めることができます。

2つ目は名刺を入力する手間が省けるという点です。展示会後はやることがいっぱいあるので面倒な名刺の入力という仕事がなくなるだけでも気持ちがラクになりますよね。

デメリット

デメリットの1つ目はやはり値段が高いことです。6万円の価値があるのか考える必要があります。

2つ目はデータがもらえるまで1~2週間かかることです。展示会後のお礼状やお礼メールはできれば1週間以内に出したいところですが、データが届くのを待っていると初動が遅くなります。

3つ目、これが一番の問題なのですが、スキャンした時点で満足してしまい、お困りごとを聞き出せないことです。出展社側も来場者側もスキャンが終わった時点でそれ以上を求めなくなってしまう傾向があるんですよね(笑)。展示会は見込み客との出会いの場ですから、来場者が何を求めて自社ブースで立ち止まってくださったのかを聞き出さないことには商談にも見積にもつなげようがありません。

なので結論としてはブースでお困りごとを聞き出すという使命がおろそかになるのであれば、バーコードシステムは使わないほうが良いということになります。

バーコードシステムの採用を検討中の方はよかったら参考にしてみてください。

まとめ

今朝のブログではバーコード管理のメリットとデメリットについて考えてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

伝わるブースの極意がわかる!展示会見学ツアー レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 毎日少しずつ暑くなっていくの

記事を読む

大阪勧業展2017 2日目

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 ほんっとうによく降るなぁ。ず

記事を読む

展活セミナーPR動画と応援コメント

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今年の花粉はなかなか強烈です

記事を読む

展示会来場者へ送るお礼状のひと工夫

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 なかなか明るくならないのでつ

記事を読む

展示会なのか展示即売会なのか

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は黄砂が飛んできたようで

記事を読む

(行ってないけど)ACHEMA2018レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 暑すぎずちょうどいい感じの朝

記事を読む

展示会でのポップ活用

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 5月最後の日。今日はすっきり

記事を読む

展示台に置くものが足りないときの苦肉の策

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日もまた湿気高めの蒸し暑い

記事を読む

展活ブースがにぎわい感の象徴に!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 雨の七夕。そういえばずいぶん

記事を読む

ブース面積を2倍にすると結果はどうなる?

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は大阪市内でも一瞬雪がチ

記事を読む

tenkastu_bunner
DMMオンライン展示会って何?

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

【動画】くだらないものグランプリ扶桑場所 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

オンライン彩の国ビジネスアリーナ レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

中小企業にとって理想の展示会とは

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

Japan IT week 関西2022 レポ

こんにちは^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバ

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑