*      

伝わる話の構成にはテッパンがある

公開日: : 展示会活用のはなし, 講師活動

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

各地で集中豪雨だったりヒョウが降ったりしているようですが、大阪のこのあたりは普通に蒸し暑い夏です。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

興味→信頼→期待→納得→決意

伝わる話の構成にはテッパンがある、ということを講師1年目の2013年に受講したセミナー講師養成コースで知りました。それは自己紹介→本日のゴール→問題提起→ノウハウ→まとめという5部構成です。

詳しくは講師の立石剛さんの著書『セミナー講師の教科書』に書かれています。

私のセミナーも常にこの構成で作られていますし、わかりやすくていいセミナーだったなと思うセミナーは大抵この構成で作られています。この構成で作ると聞く側はまず興味を持ち、自己紹介で信頼し、本日のゴールと問題提起で期待し、ノウハウに納得し、まとめで背中を押してもらうことにより決意する、という自然な流れを作ることができます。

この鉄板構成を知っていると何かと得なのですが、最近気付いたことは採用プレゼンこそこの鉄板で作ると間違いない!ということです。最近「採用ブースを考えるシリーズ 検証編 」に書きましたようにこのやり方を取り入れたところ希望者が6倍になった、という事例もあります。

採用プレゼンを鉄板構成にあてはめて作るとこんな感じになります。

1.自社紹介 → この会社は大丈夫そう、と信頼してもらう
2.本日のゴール → この会社なら自分がやりたい仕事ができそう、と期待する
3.問題提起 → そう!そこが聞きたい!と更に期待する
4.ノウハウは入社したらできることに置き換え事例を話す → 実際にこういう仕事ができるんだ、と納得する
5.まとめ → この会社に入社したい! と決意する

どうでしょう? 自分が就職活動中の学生だったとしてもこの構成で話してもらって納得できれば入社希望すると思いませんか? 他にも事例報告を頼まれたときなどもこの構成を知っているとより聞く人に伝わる講演ができるようになります。

立石さんから直接学べるセミナー講師養成コースは10月から大阪と東京で開催されます。また新刊『セミナー講師の伝える技術』も明日?あたりから書店に並ぶようです。日ごろから伝えなきゃいけない場面が多い中小企業の社長さんにはセミナー講師を目指すわけではなくても得るものが多々あると思いますのでオススメします。

まとめ

今朝のブログは伝わる話の構成には鉄板があるというテーマで書いてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。
大島 節子

最新記事 by 大島 節子 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

(行ってないけど)ACHEMA2018レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 暑すぎずちょうどいい感じの朝

記事を読む

展示会でオレンジ色を使うときに注意すること

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 明るくなる時間がだいぶ遅くな

記事を読む

経営者に知っていただきたい講演作り1

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 涼しいを通り越してついに「寒

記事を読む

関西農業ワールド2018レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 いいお天気が続きます。明るく

記事を読む

展示会出展企業のための商談力向上セミナー@佐賀

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 明るくなる時間がずいぶん遅く

記事を読む

まずは頭に問いかけることが大事

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 梅雨の晴れ間な感じの朝。そん

記事を読む

経営者に必要なプレゼンの心得

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 台風が近づいているようで、明

記事を読む

METALEX2018 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 タイのバンコクでむかえる2日

記事を読む

3.17展示会セミナー@大阪のお知らせ

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイザーの大島節子です。 大

記事を読む

わかる人にだけ伝わればそれで良いのか

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 爽やかな晴れのお天気が続きま

記事を読む

tenkastu_bunner
今週のインテックス大阪は

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

問題解決型ブースが多い展示会

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

狙って書いたわけではないけれど

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

日々のブログと文字数と時間

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

3年連続で講師依頼をいただきました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑