ビジネスチャンスを引き寄せる展示会出展のノウハウ@群馬 レポ

こんにちは^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

大阪に帰ってきました。今日はこれから雨が降ってくるようですね。寒さを連れてくる雨のようです。

群馬で初セミナーをさせていただきました

1月19日(金)群馬県庁さまからのご依頼で群馬県前橋市にて「ビジネスチャンスを引き寄せる展示会出展のノウハウ」と題したセミナーをさせていただきました。

こちらのセミナーはとある自動車系の大企業さまと群馬のものづくり企業のマッチング会の対策セミナーで、マッチング会に参加される方だけを対象としたクローズドセミナーでしたので事前にこちらでは告知しませんでした。

マッチング会には53社の企業が参加され、各企業から説明会に複数参加されるところもありましたので、当日は70~80名ほどの方がセミナーをお聞きくださいました。

通常の展示会ではなくマッチング会ということで、展示スペースは会議テーブル1台のみ。後方パネルがありませんので非常に限られたスペースで伝達力の高い見せ方を工夫する必要があります。

そのあたりに絞ってお伝えしたところ参加企業の皆さんからは、

ポイントを押さえた内容でとても良かったです。」

「もっと早くこの講演を聴きたかったです。勉強になりました。」

「展示会への出展経験は積んできましたが、商談会はありもので参加してしまうことが多く、いくつか帰ったらすぐ準備したいと思うヒントを頂けました。」

自社の強みを改めて認識して、相手先様に説明をする準備が大変重要なことを認識しました。」

等のお声をいただくことができました。

今回、生まれてはじめて群馬に行ったにもかかわらず、あまり時間がなかったので観光らしいことは群馬県庁の展望台から景色を見ることくらいしか叶いませんでした。しかしその32階の展望台からの景色がすばらしく感動でした!

上の画像に写っているのは榛名山と利根川。別の方角からは雪で真っ白になった浅間山が見えました。山と川が描く景色が本当に美しく、もしまた行くことが叶えば世界遺産を見学したり温泉にもいきたいです~♪

群馬の皆さん、ありがとうございました! 皆さんのマッチング会の成功を大阪からお祈りしています。ぜひまた呼んでくださいね。

まとめ

今朝のブログはビジネスチャンスを引き寄せる展示会出展のノウハウ@群馬のレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。