*      

どうでもいい話を延々続けるお客さんの対応

公開日: : 最終更新日:2020/03/17 展示会ノウハウ, 展示会活用のはなし

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

急にあたたかくなりましたね。昨日の日中は上着がいらないくらいの陽気でした。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

この人いつまで喋り続けるんだろう…

展示会に関するお悩みでたまに聞くのがこちら。「ブースに来られたお客さんが延々自分の話(往々にしてどうでもいい話)をやめず、他のお客さんの接客もできないし、こういう人の対応はどうしたらいいのでしょうか。」というもの。専門展ではあまりないと思いますが、入場料無料のローカル総合展示会ではちょくちょくありますよね。

これは正解のない問いかも知れませんが、私の経験から考えられる現時点での最善の対応策を書いてみようと思います。

一旦、聞く

まずは一旦、聞いてみます。なぜなら最初のやりとりだけでは見込み客なのかどうかわからないからです。そして見込み客ではなかったとしても人がいるところに人は集まりますから、まったく誰もいない暇そうなブースより誰かがブースにいるほうが他の人も立ち寄りやすいからです。なのでどんなお客さんであれ、一旦、話を聞いてみることは必要です。

見込み客かどうかを判断する

次に見込み客かどうかを判断する質問をします。これは予め「接客内容記録シート」を準備し、接客時に聞くことを決めてけおけば上手くいきます。>>接客内容記録シートについてはこちら

例えば溶接技術を展示しているのであれば「溶接が必要になる機会はありますか?」などが見込み客かどうかを判断する質問です。その質問に明確な答えが返ってこなかったとしたら、ただの「時間どろぼう」の可能性が高いので次のステップへ。

いよいよ最後の手段

どうでもいい話に終わりが見えず、他のお客さんもブースにいらしているのに対応できないような状況になってきたら、いよいよこの「時間どろぼう」さんの存在がうっとおしくなってきます。そこまできたらもう強制的に終わらせていいと思います。「ちょっと失礼」と他のお客さんに話しかけるとか、最終手段として鳴ってもいない携帯電話に出るフリをしてその人から離れるとか(笑)。

展示会はまだ知らない見込み客と出会い、その人と商談をするための場なので、それを犯す権利は誰にもありません。困ったお客さんに時間を取られ続ける必要はないと私は思います。

まとめ

今朝のブログはどうでもいい話を延々続けるお客さんの対応について書いてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

★現在募集中のセミナー★

●3月7日(水)ウインクあいち「展活プレセミナー」

●3月16日(金)津市ビジネスサポートセンター「失敗しない展示会出展のノウハウ」

The following two tabs change content below.

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

最新記事 by 大島 節子 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

「うちにはできない仕事」は考えるチャンス

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

アフターフォローまずはできることから

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 日に日に明るくなる時間が遅く

記事を読む

展示会に必要なツールを作る順番の王道

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 また今朝はグッと冷え込みまし

記事を読む

展活的メッセナゴヤの歩き方

こんにちは^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 気持ちの良い秋晴れ。そんな大阪から今

記事を読む

変わり続けるコンセプト明確化ワーク

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 大阪の公立学校は昨日が始業式

記事を読む

MOBIO展活セミナーに続々と参加表明をいただいているようです

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 4月はじめの週末金曜日、快晴

記事を読む

メンテナンス・レジリエンスOSAKA2021 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

MOBIO展活セミナー 第3講レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 雨の朝。今日は一日中しっかり

記事を読む

2年ぶりの佐賀講演はオンライン開催に

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 大阪市内、今は涼しくて心地良

記事を読む

展示会作りのパートナー選び考

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 最近は4時台でも明るいですね

記事を読む

tenkastu_bunner
ワクチン接種2回目 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

MOBIO展活セミナー2021 2講レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

扶桑展活セミナー2021 1日目レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

オリンピックがはじまりますね

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

豊川展活セミナー1講 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑