*      

日本ものづくりワールド2018レポ

公開日: : 最終更新日:2020/03/06 展示会ノウハウ, 展示会活用のはなし, 展示会レポ

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

昨日から東京に来ています。その理由は毎年恒例のこちらの展示会見学。今年もレポをお届けします。

第22回機械要素技術展ほか開催中!

昨日から東京ビッグサイトでは日本ものづくりワールドが開催されています。日本ものづくりワールドとは機械要素技術展、設計・製造ソリューション展、ヘルスケア・医療機器開発展、3D&バーチャルリアリティ展の4つの展示会から構成される製造業系では日本で最大級の展示会です。

昨年の出展社数は2,454社。来場者数は88,554人。今年の出展社数は2,580社とやや増えているので来場者数は更に増えるかもしれません。

合同出展ブースで埋もれないために

2,500社以上もの膨大な出展社を集められる理由は自治体や公共団体の合同出展ブースの多さです。下の画像をご覧ください。

こちらは機械要素技術展の会場図の一部を切り取り、合同出展ブースを黄色で塗りつぶしてみたものです。ご覧のとおり合同出展ブースの面積が大半を占め、合同出展ブースの隙間に単独出展ブースがあるといったような状況です。こんなにも合同出展ブースが多い展示会は他にありません。

地方の中小製造業への支援として展示会出展サポートは多くの自治体が取り組んでいますが、機械要素技術展は集客力がすごいため結果につながるようで、毎年合同出展は増え続けている印象です。

私は合同出展の事前対策セミナーをやらせていただく機会が多いので、合同出展ブースの見せ方が気になります。合同出展ブースの作り方のポイントは限られたスペースをどう使うか、に尽きます。

多くの合同出展ブースで出展者が使えるスペースは1mくらいの壁面と1mくらいの展示台のみです。ポイントは壁面ですね。この壁面をどれだけ確保して、そこに何を載せるのかを良く考えてブースを作っていただきたい。

壁面の割付に関しては島根県ブースがすばらしいのですが、残念ながら写真掲載は断られてしまいました。イラストで説明するとこんな感じです。

(イラストのクオリティよ…笑 どなたか島根県にツテのある方、写真掲載の許可を取っていただけませんか?(^^;;)

高い位置に通路からも読める文字の大きさ=顔の大きさでキャッチコピーを掲げる、それもパネルではなくタペストリーを用いています。このやり方をとることで、通常の合同出展ブースよりも壁面のPRスペースを多く確保することができ、来場者の目にとまりやすくなっています。

合同出展ブースの壁面はスペースが限られているので、A1くらいのパネルにびっしり文字を詰め込んで掲げているブースが多いのですが、文字が多すぎるパネルはNGです。パネルの文字はメインのキャッチコピーと1~2行程度の説明が限界です。それよりも何ができるのかが直感的にイメージで伝わるような画像を載せたほうが効果的です。

あと、合同ブースで目立つのが展示台の足元部分に説明パネルを置くパターン。下を見ながら歩いている人なんて展示会にはいませんから、足元にあるパネルなんてアイキャッチとしての意味はありません。島根はしまねっこ(ご当地キャラクター)で統一されていて、それもとても良いと思います。

まとめると合同出展ブースの見せ方のポイントとしては
・壁面上部に大きな文字でキャッチコピー。
・壁面パネルの文字を減らしてその分画像を。
・展示台の足元は説明パネルは読まれないので会社名や県名でよい。

この3点ですね。

日本ものづくりワールドは明日22日(金)まで東京ビッグサイトで開催中です。ぜひ行ってみてください。

まとめ

今朝のブログは日本ものづくりワールド2018のレポと合同出展ブースの見せ方について書いてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

彩の国ビジネスアリーナ出展企業のためのスキルアップセミナー

こんにちは^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

展示会を基礎から学ぼう@蒲郡のお知らせ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 毎日SNSをとおして日本海側

記事を読む

MOBIO展活セミナー2020第3講 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 急に寒くなりました。季節の変

記事を読む

今年も名古屋で展活セミナーが開催されます

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 毎年なら雪なんだろうなという

記事を読む

大阪勧業展2017 1日目

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 また雨ですね。台風も近づいて

記事を読む

メッセナゴヤ共同出展サポート@豊川商工会議所

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 豊橋でむかえる朝。今日はこれ

記事を読む

オートモーティブワールド2020出展企業のためのブラッシュアップ講座1

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 絶妙に過ごしやすい気持ちの良

記事を読む

【動画】YouTube300万回再生以上!「錆びたネジを綺麗にするブラシ」の謎について聞いてみた

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

MOBIO展活セミナー2020第4講 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 日に日に秋が深まっていきます

記事を読む

事例がないなら作ってしまおう

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 急に暖かくなりましたね。上着

記事を読む

tenkastu_bunner
東京ビッグサイトが完全体に!

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

INCHEM TOKYO来場者数推移と今年の傾向

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

食品/エネルギー/総務の展示会を一気見

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

展示会でのライブ配信活用法あれこれお試し中

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

プラントショーと問題解決型展示会の変遷

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑