*      

海外用ブース作りとお客さんの反応2

公開日: : 最終更新日:2021/09/27 展示会ノウハウ, 展示会活用のはなし

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

最近は5時だとまだ真っ暗で6時でも薄暗いですね。そういう季節になってきました。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

タイの方々の反応から気づいたこと

昨日のブログでは水の浄化装置アキュサイトクリーナーをASEAN最大のものづくり系展示会“METALEX”に出展するにあたり、どのような意図でブースを設計したのか、について書きました。今朝はそんな考えにもとづて作ったブースから得られた反応について書いていきます。

タイの方の特徴

上を向いている人が少ない

私は何度かこのブログで展示会の来場者は圧倒的に上を向いている人が多いと書いてきましたが、タイ人はあまり上を向いている人はいないように感じました。それよりもブースの展示品やブーススタッフの顔を見る人が多かったです。一つ、要因として考えられることは目的ブースを設定していない人が多い、もしくは目的ブース以外も見学する人が多い、ということかと。あともう一つ考えられるのはタイ人は人とのコミュニケーションが好きな人が多いのでは、ということです。

日本人がなぜ展示会で上ばかり見ているのかというと、目的ブースを早く見つけるためと、もう一つブーススタッフと目を合わせることを避けたい、という心理があるように思うのです。目が合って話しかけられたらめんどくさい、という気持ちが上ばかり見て歩く、という行動につながっているのでは、と。

実際、タイの方はブーススタッフが声かけをするとニコっと微笑み返してくれる方が3分の1くらいはいらっしゃいます。なので、日本ではやたらと声かけをすることは逆効果になることもありますが、タイでは積極的な声かけは効果的であると感じました。

そして少しでも興味を持つと積極的に質問をしてくださいます。なので出展中は本当に多くの方がブースに立ち止まって製品について質問し、説明を聞いてくださいました。

そして肝心の「問題解決型ブースは効果的か」という仮説に対する答えですが、やはり効果的ではあったと思います。ただ今回のブースが幅2m×奥行3mという奥に長い形状のブースであったことから、メインのポスターが来場者の視界に入りにくく、問題解決ポスターがアイキャッチの役割を充分に果たしているとは言えませんでした。動画をノートパソコンで流していたのですが、小さすぎてあまり見てもれませんでした。これをせめて30インチくらいのモニターで流していたらポスターが見えにくい点をカバーできたのではと思います。

今回つくづく感じたことは海外出展では文字よりもイメージです。イメージで何ができる製品なのか、どのような問題解決ができるのか、を直接的に感性に伝わるような展示を考えること、これが海外出展で伝えたい人に伝わるブースを作るコツだと思います。そのために何ができるのかを考えるよい機会となりました。

反省点はあるものの、今回は過去の海外出展の中で一番商談件数が多かったと言っていただけました。タイでは有名な飲食チェーン店から具体的な話があるなど、確かな手応えを得ることができました。

とにかく学び多い4日間でした。貴重な経験をさせていただき感謝しています。この経験をサポートに活かせるようますますがんばっていきたいと思います!

まとめ

今朝のブログは昨日にひきつづき海外用ブース作りとお客さんの反応2ということで、タイの方々のブースでの反応とそこから感じたことを書いてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

東京ビッグサイト青海展示場始動

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 少し寒いもののスッキリとした

記事を読む

展示会用タペストリーを使いまわす方法

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 台風が過ぎて少しは涼しくなる

記事を読む

2021年登壇記録をふりかえる

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

あいち展活セミナー模擬ブースチェック訪問4日目 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

あまがさき産業フェアの出展社説明会で登壇します

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 曇りな朝。週末はまたグっと涼

記事を読む

展示会特集号の一部を執筆しました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 まさに梅雨、といったお天気。

記事を読む

いつのまにか、こんなことに

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日の雨のせいでしっとりとし

記事を読む

ブログ引越しました!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日から2月ですね!まだまだ

記事を読む

関西高機能素材Week2021&教育総合展関西2021レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

展示会ブースからオンライン配信するにはどのカメラを使う?

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日は毎年なら地元のお祭りの

記事を読む

tenkastu_bunner
DMMオンライン展示会って何?

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

【動画】くだらないものグランプリ扶桑場所 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

オンライン彩の国ビジネスアリーナ レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

中小企業にとって理想の展示会とは

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

Japan IT week 関西2022 レポ

こんにちは^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバ

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑