*      

人だかりができる合同出展ブース

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

夜中に降っていた雨もあがり良いお天気になりました。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

最小限の予算で最大限の成果を!

1月に東京ビッグサイトで開催された健康博覧会に熊本県から健康関連企業が6社、合同出展をされました。実はこちらのブース、展示会からさかのぼること3ヶ月、昨年の10月に講師として呼んでいただいてセミナーと個別相談会をやらせていただいたのです。その際にアドバイスさせていただいたことをきちんと取り入れてくださり、本番ではこのような人だかりができるブースになりました。

見ていただくとわかるように、こちらの合同出展ブースは特に施工をしていません。ブース2小間にパラペットを配しただけです。いわば最低限の予算で最大限の成果を出したわけですが、今日はその秘訣をご紹介しようと思います。

伝えたいことは“上”に

以前のブースでは上部に掲げられていたものは「熊本県」という看板でした。もちろん熊本県ブースであるということも重要ですが、それ以上に重要なのは各企業が出展されている商品の価値を伝えることです。展示会を見学しているとよくわかるのですが、来場者は“上”を見ているのです。なのでのれんを作ることを提案しました。

のれんに掲げる文言は会社名でもいいのですが、更に商品の価値が伝わるようなキャッチコピーを載せるとより伝えたい方に立ち止まっていただける確率が高くなります。なのでコンセプト明確化ワークからひねり出したキャッチコピーも載せてもらうようにしました。

フォーマットを整えて統一感を

2番目の提案はフォーマットの統一です。以前は出展企業の皆さんが個々に作られたポスターを背面に貼っていらしたのですが、のれんと同じフォーマット壁面タペストリーを制作し、そこにはコンセプト明確化ワークを経て作成された問題解決を前面に出していただくようにしました。

合同出展ブースに統一感を出すことは見た目をかっこよくする、ということ以前にお客さんへの思いやりでもあるのです。フォーマットが統一されているほうがお客さんもどこをどう見ればいいのかがわかりやすくなり、興味を持った方はそれぞれの出展社にお客さんから話しかけてくださるようになります。

展示台の下部にはくまモン!

最後に展示台の下部をどう使うかです。以前はこの部分に各企業さんが自作のポップを貼っていらっしゃったのですが、それはやめてもらいました。見た目がごちゃごちゃする上に、お客さんは下部はあまり見ないからです。かといってこの部分を白いままにしておくのでは全体が殺風景になってしまいます。

なのでこの部分にはぜひくまモンを配置してください、と提案しました。熊本県ブースであるということをことさら強調するのではなく、ここにくまモンがいることでさりげなく「ここは熊本県ブースですよ~」と伝わるくらいが良いと思ったのです。

以上の3つの提案をさせていただき、それを取り入れていただいたところ、熊本県ブースは例年よりも人だかりができる大盛況ブースになりました。ただこの結果は私の提案のおかげではありません。この程度のことは私は誰にでも言います。ただそれをやってくださるかどうかは提案を聞いてくださった方たち次第なんです。

その点、熊本はそもそも県が熱い! 先日、プロフェッショナル仕事の流儀という番組でくまモン特集を見ました。くまモンという営業部長の存在を軸にして、熊本のために一生懸命に働いておられる県の皆さんの情熱が凄いのです。

熊本の皆さんからは私も非常に学ぶところが多かったです。皆さんが展示会を活用してますますご活躍されることを心よりお祈りしております。ありがとうございました。

まとめ

今朝のブログは人だかりができる合同出展ブースというタイトルで熊本県ブースを紹介してみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

現在募集中のセミナー
◆第4期展活セミナー
開催日時
1回目:4月11日(木)13:00~18:00
2回目:4月19日(金)10:00~18:00
(見学会 10:00~12:00)
3回目:5月23日(木)13:00~18:00
4回目:6月27日(木)13:00~18:00
※10社限定!
場所:あいち産業振興機構 会議室(ウインクあいち15階)
主催:あいち産業振興機構
>>お申込みはこちらから

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

第4期展活セミナーのお知らせ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は寒さが少し緩み過ごしや

記事を読む

2年ぶり4度目 ゲスト講師のお知らせ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は少し蒸し暑さが戻ってき

記事を読む

展示会を検証・改善するためのツール1

こんにちは^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 最高気温が連日20度を切るようになり

記事を読む

BtoBtoC型展示会では何を伝えるか

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今年も残すところあと60日。

記事を読む

犬山印刷さんの展活スタジオをご紹介

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 少し涼しい朝。今度こそこのま

記事を読む

町工場見本市2017 2日目レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日から少し暖かくなりました

記事を読む

展示会のマーケティング効果を数値化してみた

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は不安定なお天気でしたね

記事を読む

第44回ジャンボびっくり見本市レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 初夏のような陽気から一転。ひ

記事を読む

大商ニュースに掲載いただきました

こんにちは^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 まさに梅雨晴れ間といったお天気。そん

記事を読む

採用のお困り事に展活ノウハウ?

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 年度の変わり目ですね~。そん

記事を読む

tenkastu_bunner
粉体工業展2019 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

専門家としての活動における“展活タイムズ”の役割

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

ファベックス関西2019レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

大阪勧業展2019はじまります!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

MOBIO展活セミナー模擬ブースチェック訪問3日目

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑