*      

メディカルメッセ2019レポ

公開日: : 展示会活用のはなし, 展示会レポ

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

明るくなる時間がどんどん早くなっていました。朝型人間に一番良い季節ですね。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

学会の中の1コーナーとしての展示会

2019年4月27日(土)、名古屋国際会議場イベントホールで開催中のメディカルメッセという展示会を見学してきました。こちらは日本医学会総会という巨大な医学系学会の1コーナーとしての展示会で、どれくらい巨大なのかというと学会の会場がポートメッセなごや、名古屋国際会議場、名古屋大学博物館、名古屋学院大学白鳥学舎、ウインクあいちと5箇所もあるのです。それぞれの会場で学術集会・学術展示・市民展示・医学史展などが分かれて開催されておりシャトルバスも出ていました。中部地方を中心に全国の医療従事者が3万人集まるイベントだそうです。

メディカルメッセはそんな巨大な医学学会の中の一つの企画で、テーマは「医療×ものづくり技術」。愛知県のものづくり企業が医療系企業とのマッチングを目的に製品や技術・サービスをアピールする展示会です。

上の写真はメディカルメッセ会場内の様子です。いかにも“学会展示”といった研究結果が細かく書かれたパネルを展示されているブースも結構ありました。

そんな中、異彩を放っていたのがこちら!ダイワ化工さんのブースです。白い会場の中で壁面を濃紺で埋め尽くしたブースはそれだけでも浮きまくっていました!

最初、このブースが目に飛び込んできたときは学会の中の1企画、という位置づけのこの展示会の中でこの見せ方が果たして正解なのかどうか、私もしばし考えてしまいました(^^;;

でも出展社の皆さんや主催の名古屋商工会議所の方と話す中で、やはりこの展示会はあくまでも医療関係者と愛知のものづくり企業がマッチングすることを目的としているビジネスの展示会なのです。それならば“伝えたい人に伝えたいことが伝わること”“その人は何に困っていて、自社はそれに対して何を提供できるのかた伝わること”が一番大切であり、やはり展活が推奨する問題解決型展示会はこういった場でも有効なのだと思い至りました。

個人的にとてもうれしかったのは2017年に展活セミナーに参加してくださったダイワ化工の若手ホープ中澤さんが、医大関係者や医療系大企業の皆さんが注目する中、トップバッターでプレゼンされ、そのプレゼンがすばらしかったことです。普段は製造をされている社員さんなんですよ。展示会をきっかけに社員さんが成長されていくのを見せていただけるのは幸せなことです。

こちらの展示会、出展社の方にお聞きしてまわったところ普通の展示会以上に良い商談ができるそうです。こういった在り方の展示会はあまりありませんが、研究開発分野への進出を考えていらっしゃる方にはとても良い機会だと思うので、チャンスがあればぜひチャレンジされたらいいかと思います。

まとめ

今朝のブログはメディカルメッセのレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。
大島 節子

最新記事 by 大島 節子 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

展活セミナー2019 2講レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は急に暑くなりましたねー

記事を読む

展活プレセミナーのお知らせ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は成人式だったのですね。

記事を読む

展活プレセミナー2017 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 この週末は暑いくらいのお天気

記事を読む

支援業をこころざすからには

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 窓を開けていたら寒いくらいの

記事を読む

DIYショーはじまります!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 千葉県の幕張に来ています。海

記事を読む

展活セミナーで生まれ変わった商品 その1

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 明るくなる時間が少しずつ早く

記事を読む

角小間が取れなかったときのポイント

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 この週末は真夏のような暑さで

記事を読む

「展示会用の展示品を作る」とは

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 年の瀬らしい冷たく乾燥した晴

記事を読む

自社に合ったデザイナーさんと出会うには

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 雨が本降り。そんな早朝の大阪

記事を読む

あだちメッセ説明会 販路開拓セミナー

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は雪が残る東京に行ってい

記事を読む

tenkastu_bunner
今週のインテックス大阪は

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

問題解決型ブースが多い展示会

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

狙って書いたわけではないけれど

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

日々のブログと文字数と時間

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

3年連続で講師依頼をいただきました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑