*      

平成をふりかえる

公開日: : 心のはなし, 日々のはなし

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

ゴールデンウィーク明けの朝。少しひんやりとした爽やかなお天気になりました。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

10年ごと3期にわけて整理してみた

ゴールデンウィーク中、ブログをお休みしている間に元号が平成から令和になりましたねー。連休中は考えるともなく平成という30年の時代を思っていました。普段は西暦で時代を考えるタイプなのであまり元号単位で考えたことはないのですが、良い機会なので私にとっての平成を振り返ってみようかと。

平成元年~10年(1989~1998年)

平成最初の10年間は私にとっては中学1年生~社会人1年目にあたります。なのでこの期間は私にとっては社会に出るための準備をしていた時間といえます。

自我が芽生え始めた中学時代。校風になじめず休みがちでだからこそ“生きるとは何か”と哲学的な問いを繰り返した暗黒の高校時代。その反動か、勉強が楽しくて楽しくて専攻していた美術史という学問にのめりこみ、わが世の春だった大学時代。

進路についても考えに考えて家業を選ぶことになります。画像は1997年、大学4回生のときのもの。一番悩んでいた時期にお世話になりまくった大叔母、カトリックのシスターです。幼い頃から大叔母のことを尊敬していたのでシスターになろうと考えた時もありました。けれど自分は神父様を頂点とした男系の組織で生きていけるタイプではないこと、またシスターとしてやりたいことの本質は家業に入ることでも成せるのではと考え直しました。

平成11年~20年(1999~2008年)

次の10年は社会人としての最初の10年間にあたります。仕事を覚えるだけで過ぎていった最初の3年を過ぎたころ人生の試練がやってきます。売上の95%以上を占める得意先の倒産です。

同時期に父の病気がきっかけで社長を継ぐことになってここから私の本当の仕事人生がはじまりました。家業をつぶしたくない一心でがむしゃらに働いて業績はV字回復。なんか今思い返してもこの10年はずっと走っていた記憶。日々天国と地獄がクルクルと入れ替わるようなスリリングな日々でした。楽しいこともたくさんあったけど、辛く苦しいこともいっぱいあって疲労が積み重なっていきました。

平成21年~31年(2009~2019年)

その次の10年は心のバランスを壊してしまうところからはじまりました。必要最低限の仕事しかできない期間がしばらくあって、その後、脳みそをまるごと入れ替えられるような出来事が起こります。東北の震災です。

勉強会仲間の同世代の女性が岩手で津波に巻き込まれて亡くなりました。そのことを知ったときに唐突にわかったことがありました。私が死にたいと思っている今日は、彼女が生きたいと切望した明日なのだ、とうことが細胞レベルで理解できたのです。心の底から自分を恥じました。そしておこがましいとは思うけれども彼女の分も生きなければと心に決めたのです。

そして“私だからできる誰かのお役に立てること”を考えに考えて展活を作り、今にいたります。展活が生まれたのが2012年。そこからは方向性に迷うことはなくなりましたがその道は決して平坦ではなく、今も試行錯誤の日々です。

一見平凡に見えるであろう私なんかの30年でも書き出してみるとこんな感じで、30年という時間はちょうど時代が一回りする年期なのですね。令和がはじまってまだ数日ですが思いのほかしっくりとなじんできています。辞書登録も完了したので変換も一発です(笑)。

次の10年は44~53歳の10年間にあたります。展活をベースにますますこの社会のお役に立てる人間になっていけるよう、迷ったり悩んだりしながら歩を進めていきたいと思います。いい加減穏やかな日々を過ごしたいけれど、それはまだ先になりそうです(笑)。

まとめ

今朝のブログでは私にとっての平成という時代を振り返ってみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

あたりまえのことなど何もない

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 揺れが続く大阪。そんな早朝の

記事を読む

社長道場から15年

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 5年ぶりに同窓会を開催しまし

記事を読む

みんな違ってみんないい!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 晴れてくるのかとおもいきやま

記事を読む

ここまで来たら楽しんでやろう!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日もまたいいお天気になりそ

記事を読む

“売りたい何か”しかない時期もあっていい

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 先週の暑さが嘘のような爽やか

記事を読む

大河ドラマにおける女性の描かれ方

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 本日は7月29日ですが、夏風

記事を読む

日々のブログと文字数と時間

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 大阪市内、今は良いお天気です

記事を読む

ありたい専門家像にむかって

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は大雨警報が出てびっくり

記事を読む

男女共同参画をテーマにお話することに

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 秋晴れのいいお天気が続く大阪

記事を読む

幸せな後継のかたちを考えるシリーズ番外編

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 3月に入ってからは展示会の作

記事を読む

tenkastu_bunner
名古屋展活セミナー模擬ブースチェック訪問2日目

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

MOBIO展活セミナー模擬ブースチェック訪問1日目

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

展活が生まれた場

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

食品などBtoBtoC型展示会で成果を出すポイント

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

今年2度目の長いお休み

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑