*      

スローガンは展示会用のキャッチコピーではない

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

ひんやりとした朝。今度こそこのまま秋になってほしいです。そんな早朝の大阪から今朝も展活タイムズをお届けします。

キャッチコピーは目に止まらなければ不正解

突然ですが上の言葉は何だと思いますか?

こちらは積水化学グループさんのスローガンです。経営戦略や社是、理念やビジョンを全てひっくるめて掲げる言葉です。この言葉でもって巨大なグループが今後進むべき方向を示しておられる、企業のスローガンにはそういった役割があります。

中小企業にとってもスローガンを掲げることは決して悪いことではありません。私は企業訪問をする機会も多いですが、きちんと社員さん全員で理念を作り、スローガンを掲げ、その元で経営を行っておられる企業は会社の雰囲気も良いです。

ただ、スローガンというものは展示会用のキャッチコピーではないのです。私のセミナーでキャッチコピーについて説明するときは「キャッチコピーに絶対的な正解はありません。ただ不正解はあります。伝えたいお客さんの目に止まらなかったら不正解です。」という言い方をします。

展示会は情報の洪水のような場所です。そんな場所で伝えたいお客さんの目を止めること、それが展示会でのキャッチコピーの役割です。人は自分に関係があることにしか興味を持ちません。展示会で「世界にまた新しい世界を」という言葉を見たとして「あ、自分に関係があることだ!」と思いますか? 展示会で新規の見込み客と出会おうとするのであれば、この人間の特性をわかっておく必要があります。

それではどうすれば見込み客が「自分に関係があることだ!」と気付き目が止まるキャッチコピーが作れるのでしょうか。それはお客さんのお困りごとやお悩みを言語化し、それを盛り込んだ言葉をキャッチコピーとすることで作ることができます。

これは絶対的な正解がない世界なので、本気でハマると気が遠くなるほど手間がかかる作業なのです。皆さん、時間がないので既にあるスローガンをキャッチコピーとして使ってしまうのですね。

繰り返しますが、スローガンとは組織の方向性を示し経営を円滑に行うためにあります。

一方で展示会用のキャッチコピーは見込み客の目を止めるためにあります。

それぞれが持つ役割が違う、ということがお分かりいただましたでしょうか。スローガンをそのまま展示会用のキャッチコピーとして流用されているのであれば、ぜひ次回からは展示会用のキャッチコピーを作ってください。

まとめ

今朝の展活タイムズはスローガンは展示会用のキャッチコピーではないというタイトルでそれぞれの役割を整理してみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

暗い会場での展示会

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 名古屋に来ています。今日は一

記事を読む

まずは頭に問いかけることが大事

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 梅雨の晴れ間な感じの朝。そん

記事を読む

熊本講演「失敗しない展示会の作り方」レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 朝晩は寒いくらいの体感になっ

記事を読む

beforeとafter目がとまるのはどっち?

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日の雨のせいか、少ししっと

記事を読む

行って感じてわかること

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 相変わらずの猛暑が続く大阪で

記事を読む

中小企業の展示会にコンパニオンは必要か

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 すっきりしないお天気ですね。

記事を読む

最大の転機から得たものとは

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 カラッと乾いたいいお天気。そ

記事を読む

メッセナゴヤ合同出展サポート@扶桑町商工会 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 ただいま近鉄特急車内。名古屋

記事を読む

展示会を元気に乗り切るために

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 梅雨のような数日でしたが今日

記事を読む

国際養鶏養豚総合展 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は暑かったですね!だいぶ

記事を読む

tenkastu_bunner
粉体工業展2019 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

専門家としての活動における“展活タイムズ”の役割

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

ファベックス関西2019レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

大阪勧業展2019はじまります!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

MOBIO展活セミナー模擬ブースチェック訪問3日目

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑