*      

展示会の探し方

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

空気が乾燥しているからか喉から風邪をひかれる方が多いようですね。展示会のピークはもうしばらく続くので早めの対策で乗り切りましょう!そんな早朝の大阪から今朝も展活タイムズをお届けします。

うちの商品を出展するのに適した展示会はありますか?

私がよく受ける質問のひとつに「どの展示会に出展すれば良いですか?」というものがあります。私がなじみ深い商材であれば即答できるのですが、あまり縁がない商材だとすぐにはお応えできませんが、「誰に何を売りたいのか」が明確になっていれば探す方法はいくつかあります。

例えばこのような方法です。

『展示会データベース』(書籍)

ピーオーピー社が発行している『展示会データベース』という書籍があります。例えば2020年版には2019年と2020年に日本国内で開催される500以上の展示会の出展者数・出展小間数・来場者数などを掲載されています。開催場所や出展料、募集期限などもチェックできます。8,500円+消費税+送料なのでざっくり1万円します。>>詳しくはこちら

世界の見本市・展示会情報(J-messe)(サイト)

ジェトロのサイト内にあるデータベースです。業種・開催地・会期・キーワードで検索できます。>>詳しくはこちら

展示会とMICE(サイト)

ピーオーピー社が運営する展示会情報サイトです。キーワード検索と主要展示会カレンダーという機能があります。>>詳しくはこちら

出展を申し込む前に

このように探し方はいくつかあるのですが、実際に出展を申し込む前にしてほしいことがあります。それは実際に自分の目で見ることです。展示会には経費がかかります。なのでデータはあくまでも参考材料とし自分で足を運び展示会を見てから出展するかどうかの判断をしていただきたいです。

私は展示会は専門性という縦軸と地域性(ローカルグローバル)の横軸で4つに分類できると思っています。

どの展示会に出せば良いのかという問いのシンプルな答えは「ターゲットとするお客さんがたくさん来る展示会」なので東京の専門展に出さなきゃ!と思いますよね。でも地方の企業が東京に出展するには最低限の装飾にしたとしてももろもろ含め200万円くらいの経費を覚悟する必要があります。

なので私はまずは地方の総合展、そして地方の専門展とステップアップしながら出展の型を作り、準備を整えてから東京の専門展にチャレンジするというやり方をおすすめしています。ステップアップする中でぜひ出展社同士で情報交換し、情報を集めてください。実際に出展された方から得る口コミは信用できます。

そうやって自社の商材にピッタリはまる展示会を探していっていただければと思います。

まとめ

今朝の展活タイムズは展示会の探し方について書いてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

オートモーティブワールド出展企業のためのブラッシュアップ講座レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 名古屋に来てます。今日は徐々

記事を読む

もし理想の展示会ブースを作れるとしたら

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今は曇り空ですが、今日はこの

記事を読む

おすすめの展示会はありますかという質問

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今年は桜の満開が早かったから

記事を読む

行って感じてわかること

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 相変わらずの猛暑が続く大阪で

記事を読む

知名度を高めるための出展?

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 毎日、予想気温を見るだけでク

記事を読む

うちが展示会なんて出せるわけがない

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日は横浜に向かうのでいつも

記事を読む

採用ブースを考える 中編

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 久しぶりの雨です。こんな日も

記事を読む

出展コンセプトがバシっと決まる瞬間

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 お天気が悪いですね。今日はこ

記事を読む

プラントショー2017 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 大阪に帰ってきました。この秋

記事を読む

最近の展示会関連ニュース2つに思うこと

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 急に世界が回り始めましたね。

記事を読む

tenkastu_bunner
【動画】1回の出展をとことん使い倒す方法

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

2020年下半期スタート!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

MICE開催ガイドラインをちゃんと読んでみた

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

リアル展示会の復活が迫ってきました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

【動画】オンライン展示会でやってはいけないこと

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑