*      

オンラインプレゼン修行としての動画配信

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

今週は梅雨の中休みと思っていたのに雨ですね。そんな早朝の大阪から今朝も展活タイムズをお届けします。

カメラに向かって話すことに早く慣れるために

昨日のブログに次世代型展示会に対応するために出展者はオンラインでのプレゼン力を身に着ける必要があると書きました。そしてそのための訓練の場としてYouTubeに動画をアップしよう!と。

この先、中小の展活企業の皆さんもオンライン展示会に出展する機会はきっと出てきます。その際には必ずプレゼンをする必要が出てくるわけですが、カメラに向かって話すのって慣れてないとなかなか難しいんですよね。なのでカメラに向かって話すことに慣れるためにYouTubeチャンネルを開設し、定期的に動画をアップすることを習慣づけ、今からオンラインでのプレゼンに対応できるよう準備しておこう、という提案です。

YouTuberとして儲けようとかそういう目的ではないので、広告収入とかそういった副産物は期待できませんが、動画は検索に強いので、継続して動画をアップしているとそのうちバズる動画がでてきてウェブ経由での入口が増える可能性は大いにあります。

動画配信をはじめる前におさえておいていただきたいポイントは下記のとおりです。

環境

自分の事例で恐縮ですが、私はZoomのレコーディング機能で録画するやり方を取り入れています。なので必要なのはノートPC。カメラの性能がイマイチな場合は外付けのウェブカメラ。部屋が暗い場合は女優ライト。背景が散らかっている場合は壁を背にできるように部屋の模様替えをするか、バックスクリーンやパーテーションを建てるようにします。

>>参考「展活チャンネル」

バーチャル背景はよほど高性能のカメラでない限りおすすめしません。自分のピントと背景のピントにあまりにズレがあると不自然だからです。

Zoomで録画する場合は前後をカットする必要があるので私はAdobe premire elementsという17,800円の編集ソフトを使っています。無料ソフトのVrewとかでも前後のカットくらいならできます。

カメラの高さは目の高さに合わせてください。低い場合はノートPCの下に箱を置くなどして高さを調整します。カメラ位置が低いとお客さんを見下げる視線になるので注意が必要です。胸から上くらいが画面に入るようにして、頭の上はこぶし一つ分くらいの空間を作るとバランスの良いアングルになります。

話の構成

毎回ちゃんとしたプレゼンを作るのは大変なので、自社に関係のある小話などで良いとは思うのですが、素人がダラダラしゃべるだけの動画は見てられません(笑)。構成を考える必要はあります。

理想は上のウェブプレゼンの鉄板構成ですが、問いかけ→先に結論→後にその理由→最後に回収(自社サイト等へ誘導)、という流れで話すといいですね。しくじり先生とかすべらない話とかも大体この構成になってます。

形式

カメラに自分だけが映った状態でしゃべるのはハードルが高いです。なので画面共有でパワーポイントを見せて自分の顔は右上に出すとか、フリップを持つのもいいですね。製造業であればサンプルを見せながら話すのもすごく良いです。

確かに手間はかかりますが、今、これをやっておくことは必ず未来への投資になりますので、ぜひチャレンジしてみていただきたいです。

まとめ

今朝の展活タイムズはオンラインプレゼン修行としての動画配信というテーマで書いてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

あまがさき産業フェア2018レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 暑い日がつづきますねー。そん

記事を読む

展活セミナーPR動画と応援コメント

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今年の花粉はなかなか強烈です

記事を読む

INTERMOLD名古屋2018 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 名古屋でむかえる朝。今にも雨

記事を読む

課題解決の先にあるもの

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 播州と呼ばれる土地にいます。

記事を読む

京都ビジネス交流フェア2017見学会レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 暖かくなるとともに飛んでます

記事を読む

展活セミナーから7社が出展!メッセナゴヤ2018

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日の名古屋は暑かったー! 

記事を読む

人とくるまのテクノロジー展2017名古屋レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 名古屋に来ています。梅雨らし

記事を読む

“誰”がわかるブースを目指して

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日はかなり暖かくなるようで

記事を読む

一つの質問の背後にはその何倍もの同じ質問を持つ人が存在する

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 10月に入ったというのに台風

記事を読む

新コーナー“ブース診断シリーズ”第1段!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今朝はいいお天気ですが、夜か

記事を読む

tenkastu_bunner
展活セミナー@豊川 1日目レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

展示会用PR動画を編集なしで作る方法

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

展示会用ランディングページを1日で作成!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

今年の豊川展活セミナーは2日連続講座

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

【動画】コロナ以降の時代に対応していくために

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑