*      

プラントショーと問題解決型展示会の変遷

公開日: : 展示会活用のはなし, 展示会レポ

おはようございます^^
中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

秋晴れの良いお天気が続く東京。そんな早朝の東京から今朝も展活タイムズをお届けします。

展活式問題解決型展示会誕生の地

昨日の記事にも書きましたように、昨日11月17日から東京ビッグサイトで開催されているINCHEM TOKYO内のプラントショーに来ています。

プラントショーとは2年に1度開催される産業プラントに関する技術が集結するアジア最大級の展示会で、2015年にケイ・エイチ工業さんがプラントショーに初出展をされたときからお手伝いをさせていただいてきました。展活式問題解決型展示会はプラントショーのケイ・エイチ工業さんブースの変遷とともにありました。2年に一度、この地に帰ってこられることを幸せに思います。良い機会なのでこれまでのブースの変遷を振り返ってみましょう。

2015年

記念すべき展活式問題解決型ブース第一号!2012年に展示会情報サイトを開設し、2013年から展示会セミナーの講師として中小企業の展示会を観察してきた中で私が一番ひっかかっていた点は「誰に何を伝えるのかの“何”がわかるブースはたくさんあるけれど、“誰”がわかるブースはほとんどない」ということでした。誰に何を伝えるのか、はマーケティングの基本中の基本です。ほとんどのブースでそれができていない。これって問題じゃない?と。

ではどうすれば“誰”を伝えることができるのかと考えたときに出てきたのが「問題解決を前面に出す」というやり方。つまり「このようなお困りごとを抱えていらっしゃる方に向けた出展ですよ」ということが伝わるブースを作るということ。それが最初に具現化したのが2015年のこちらのブースでした。狙いはもちろん当たり非常に確度の高い見込み客さんとの出会いに成功しました。

2017年

2回目の2017年はより多くの見込み客さんとの出会いを目標に2コマの角ブースでの出展に。問題解決型という型は守りつつコンセプトは技術的な問題解決から、サービス寄りのものに変更。見せ方もとにかく派手にしました。

来場者への声かけも積極的にし、確か前回の3倍ほどの名刺を集めることにつながりました。

2019年

ずっと「プラントの問題解決」を伝えるにはどのような見せ方が最適なのかを考え続けたケイ・エイチ工業さんの展示会。前回の反省としてはすべてを文字情報で伝えてしまった、という点がありました。どうすれば「プラントの問題解決」をもっと直感的にイメージで伝えられるのだろうか、と考え続けてたどり着いたのが社員さんから出てきた「フローで見せる」というやり方でした。

プラントとは原料を製品に加工する“過程=フロー”なんですよね。そのフローの中で様々な問題が起こるのです。それを解決するのがケイ・エイチ工業さんの仕事の本質なので、壁一面にフローとそこでおこる問題を吹き出しで表現するという手法を取り入れました。

結果、前回のような来場者への積極的な声かけをしなくても、本当に困っている方がお客さんのほうから話しかけたり、質問したりしてくださるブースになりました。

2021年

2019年のかたちでもってとりあえず「プラントの問題解決」の完成形はできましたが、この間に世界は変わりました。なので2021年はよりこの時代にプラントの設備担当者さんが困っておられることは何だろうという軸で考え、コンセプトを「設備を通してSDGs目標達成を支援します」としました。壁面にはお困りごとを、また展示台には実際の問題解決のビフォーアフターをPOPにして展示。初日から多くの方が立ち止まってくださり、具体的な相談事をお聞きすることができました。

こうやって6年間の変遷を並べてみるとずっと改善を繰り返してきたことがよくわかりますね。2年後の2023年はどのような出展になるのでしょう。今は想像もつきませんが、楽しみであることは間違いないです。

まとめ

今朝の展活タイムズはプラントショーと問題解決型展示会、ケイ・エイチ工業さんブースの変遷を振り返ってみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

>>展示会活用アドバイザー大島節子へのお仕事依頼はこちらからお願いします

The following two tabs change content below.

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

名古屋ものづくりワールド2018レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日から名古屋にきています。

記事を読む

2020年1年間の記事アクセスランキング

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今朝も寒いですね。そんな早朝

記事を読む

愛知県国際展示場-AICHI SKY EXPO- レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 そういえば子供の頃は9月15

記事を読む

事例報告@WEB再生塾

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 すっきりしないお天気が続く大

記事を読む

展示会を元気に乗り切るために

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 梅雨のような数日でしたが今日

記事を読む

明日から新しいチャレンジが続きます

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 ようやく梅雨明けが見えてきた

記事を読む

あいち展活セミナー模擬ブースチェック訪問2日目 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

3年連続で講師依頼をいただきました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日も暑くなりそうな良いお天

記事を読む

あいち展活セミナー模擬ブースチェック訪問3日目 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

展示会用チラシをチェックする際のポイント

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 ようやく寒さが落ち着いてきま

記事を読む

tenkastu_bunner
東京ビッグサイトが完全体に!

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

INCHEM TOKYO来場者数推移と今年の傾向

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

食品/エネルギー/総務の展示会を一気見

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

展示会でのライブ配信活用法あれこれお試し中

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

プラントショーと問題解決型展示会の変遷

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑