展活セミナー2017 第1講レポ

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

今朝も爽やかな朝ですが、日中は暑くなりそう。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

名古屋での展活セミナーが今年もはじまりました

昨日は名古屋にてあいち産業振興機構さま主催の連続講座“展活セミナー”の第1講でした。今年もまた製造業系を中心にバラエティ豊かな企業の方々にお集まりいただきました。

失敗しない展示会を作るための3つのポイント

>>出展目的を明確にする
>>展示会用チラシを作る 
>>展示会ブースを作る 

ですが、この講座では4日間かけてこの3つのポイントを軸に展示会を作っていきます。初日の昨日はまずは出展目的を明確にするワークをしていただき、コンセプトの第1稿を発表いただきました。

最初なので伝えたいお客さんがしぼれなかったり、お客さんが求めていることをうまく言葉に表現できなかったりといろいろ混乱するかと思ったのですが、既にコンセプトの方向性が見えた方が大半で、それぞれ秋の本番に向けていい感じで展示会を作っていけそうな感触でした。

講座終了後は恒例の懇親会。ほとんどの方が参加くださり、ご覧の盛り上がりでした。懇親会で話す中で皆さんのお仕事への想いなどを聞く中で、少しずつ関係性ができてゆき、本音・本気の意見交換ができる仲間になっていきます。

今年もまた相当おもしろいチームになりそうです。本番に向けて半年間このチームを支えていきたいと思います。一緒にがんばりましょう~!

まとめ

今朝のブログは展活セミナー2017第1講レポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。