*      

お客さんの頭の中を“具体的に”想像する

公開日: : 最終更新日:2019/04/18 展示会ノウハウ, 展示会活用のはなし

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

連日の猛暑ですが、少しずつこの異常な暑さにも身体が慣れてきたような。気のせいかもしれませんが(笑)。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

問題解決型展示会を作るための最大のポイントかも

展示会の準備にとりかかるにあたり、まず何をおいてもやっていただきたいことが“目的を明確にすること”です。誰に何を伝えるために出展するのか、を明確にしないまま展示会の準備をはじめてしまったら、途中でどこに向かって走ればいいのかわからなくなってしまうので必ず目的を明確にしてから準備をはじめてください、といつも言っています。

その上で展示会の“伝達力”を上げるために特にBtoB型ビジネスの場合は“問題解決型”展示会を作ることをおすすめしています。問題解決型展示会とは誰のどんなお困りごとが解決できる製品・技術・サービスなのか、がわかる展示会のことです。

問題解決型展示会を作るためにはお客さんが困っていること・求めていることを正確に把握しておくことが必須です。お客さんが困っていること・求めていることを前面に出し、その解決策を提案することで問題解決型展示会になります。

なので、私のセミナーではまず「お客さんのお困りごとを書き出す」という演習があります。この演習をはじめてかれこれ4年ほどになります。数百人の方がお客さんのお困りごとを書き出される様子を観察してきましたが、結構な割合でおもしろい傾向があることがわかりました。

それはお困りごとをついつい漢字の熟語で書いてしまう、という傾向です。

例えば自社が機械メーカーで、お客さんが工場を持つ製造業で、お客さんのお困りごとが「限られたスペースに機械を置く方法がないだろうか」だったとします。そんな立場の方にお客さんのお困りごとを書いてくださいというとついつい「小型化」と書いてしまわれる。

もちろん間違いではないのです。でもお客さんの頭の中は「小型化」でしょうか? 「工場狭いんだけど、なんとかして機械を置けないかな?」ではないでしょうか。

演習の答えとしては「小型化」で間違いないのですが、それをキャッチコピーにしていく過程で漢字の熟語だけだと固くてわかりにくいんです。熟語をほぐしてお客さんの頭の中を“具体的に”想像することでキャッチコピーとして使える言葉が出てきます。

上の画像の例ではわかりやすいように「小型化」「防音」という熟語を使いましたが、もっと難しいパッと見て意味がわからないような専門的な熟語で書いてしまわれる方もたくさんいらっしゃいます。お客さんの頭の中にあるのは本当のそんな難しく専門的な熟語でしょうか。実際はもっとくだけた言葉だと思います。そして実際のお客さんの頭の中にある言葉を正しく出してあげるとお客さんに刺さるキャッチコピー作りの素材になっていくのです。

お困りごとの書き出しはお客さんに刺さるキャッチコピーを探す旅です。難しい言葉で書いてしまいがちだという自覚がある方は、ぜひもっとほぐしてお客さんの頭の中を“具体的に”想像するようにしていただけたらと思います。

まとめ

今朝のブログはお客さんの頭の中を“具体的に”想像するというタイトルで問題解決型展示会、すなわち伝達力が高い展示会を作るためのポイントについて考えてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

★現在募集中のセミナー★

日程:9月28日(金)、10月26日(金)、11月27日(火)
タイトル:「あだちメッセ出展社のためのスキルアップセミナー」
場所:あだち産業センター
主催:あだちメッセ運営事務局

日程:8月24日(金)
タイトル:「勉強のための展示会見学ツアー」
場所:幕張メッセ(千葉県)
主催:展活勉強会

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

名古屋ものづくりワールド2018レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日から名古屋にきています。

記事を読む

建展、関西エクステリアフェア レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日は暑くなりそう! そんな

記事を読む

展活セミナーを受けてくださった方の数が1000人を超えました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は暑かったですね。今日も

記事を読む

展示会の専門家はオレンジ色使わない説?

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は警報が出るほどのどしゃ

記事を読む

展活5周年でした

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 ゴールデンウィークが終わりま

記事を読む

チラシを解体してブースを作る際の注意点

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 大阪市内、今日はお天気が崩れ

記事を読む

わかりやすい表現は出展者のためでもある

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 まだ少し雨が残っていますがこ

記事を読む

関西機械要素技術展2017 初日レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 急にグッと冷え込んだ朝。外気

記事を読む

空っぽになった招待状ファイルを見て思うこと

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 気持ちのいい快晴が続く5月初

記事を読む

展示会用テーブルクロスにオススメの生地ほか

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は夕立が降った大阪。涼し

記事を読む

tenkastu_bunner
コンセプトは変える/軸は変えない

こんにちは^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日も

展活セミナー2020 3講レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

【動画】1回の出展をとことん使い倒す方法

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

2020年下半期スタート!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

MICE開催ガイドラインをちゃんと読んでみた

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑