N+(エヌプラス)レポ

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

東京に来ています。一気に季節が進んだようで、昨日は完全に服装を間違えとても寒かったです(笑)。そんな早朝の東京から今朝はブログをお届けします。

新たな価値をプラスする機械・素材・技術の展示会

昨日は東京ビッグサイトで開催中のN+(エヌプラス)という展示会を見学してきました。この展示会のサブタイトルは「新たな価値をプラスする機械・素材・技術の展示会」ということで、機械加工や部品加工の企業が多く出展をされていました。

昨年の実績は出展社数242社。来場者数31,016人(同時開催・併催展を含む)。今年は38,000人の来場を見込んでいるそうです。

こちらの展示会には昨年・今年と講師として呼んでいただいた大府市(愛知県)の合同ブースが出展をされていました! 2017年は展示会セミナー、2018年は展示会見学ツアーをやらせていただいたご縁ある市。

>>2017年展示会セミナーの様子はこちら

>>2018年展示会見学ツアーの様子はこちら

愛知県なのでやはりもともとは車の部品加工をされていた町工場が多いのですが、皆さん自社製品を開発したり、新技術をアピールしたり積極的に車業界以外の需要も取り込もうと活動をされています。職員の皆さんに明るくむかえていただきうれしかったです。

堺商工会議所でお世話になっていた藤川樹脂さんも出展をされていました。なにやら初公開の新製品(技術?)がお披露目されており、ずっと接客中でとてもお忙しそうでした!

今回はたまたま上京のタイミングと合ったため、N+(エヌプラス)を見学することができました。展活とご縁ある皆さんが東京で活躍されている様子を拝見できてよかったです。N+(エヌプラス)は本日まで東京ビッグサイトで開催中です。ぜひ行ってみてください。

まとめ

今朝のブログはN+(エヌプラス)のレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

★現在募集中のセミナー★

日程:10月4日(木)15:00~16:30
タイトル:「勉強のための展示会見学ツアー@大阪」
場所:インテックス大阪
主催:展活勉強会

The following two tabs change content below.
Avatar photo

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。