*      

日本ものづくりワールド2019レポ

公開日: : 展示会活用のはなし, 展示会レポ

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

昨日は東京日帰り。キャリーがない出張は快適さがぜんぜん違いますね。今朝も早朝の大阪からブログをお届けします。

変則開催の影響は?

昨日は東京ビッグサイトで開催中の日本ものづくりワールド2019を見学してきました。今年の日本ものづくりワールドは設計・製造ソリューション展、機械要素技術展、3D&バーチャルリアリティ展、ものづくりAI/Iot展、次世代3Dプリンタ展、航空・宇宙機器開発展、工場設備・備品展の7つの展示会で構成されています。

昨日のブログにも書きましたように、今年の日本ものづくりワールドは変則開催です。例年との違いが出展者や来場者にどのような影響があったのか、実際に聞いてきたことを書いていきます。

6月から2月に

毎年6月に開催されていた展示会ですが、今年は東京オリンピックの影響で2月開催になりました。そのことによる影響を聞いたところ、秋の展示会のピークとこの展示会の出展準備をしなければいけない時期が重なったのでバタバタして大変だった、という声がありました。また日本海側など雪が多い地域は昨年の同じ時期だったら豪雪で身動きがとれない状況だったけど今年は大丈夫だった、とのことでした。

同年度に2回開催

2019年の2月は2018年度内なので同年度に2回展示会があることになり、今回は自治体の合同出展ブースが大幅に減ることが予想されました。昨年ヒアリングした印象だと最悪9割くらい減るのではないかと思われましたが、正確に数えたわけではありませんが、体感では前回比5~6割減くらいになっていました。そんな中、前回・今回と続けて出展されている自治体の方にお話を聞くと、やはり年度内に2回分の出展予算を確保することは大変だったけど、過去の実績を元に交渉をがんばった、とのことでした。

規模縮小

毎年、東京ビッグサイト東・西全館を使って開催される日本ものづくりワールドですが、今年は東ホールの半分は介護系の展示会をやっていました。昨年よりも縮小した規模での開催でした。具体的にどれくらい縮小したのかは調べきれませんでしたが、下の画像をご覧下さい。こちらは来年の出展社募集の看板なのですが、2020年は2018年の出展社が全て出展できるようになりました、とあるので2019年は全て出展できなかった、ということでしょう。

なので必然的に全体の来場者数は今年は前年割れすることが予想されるのですが、実際に出展された方から聞いたところ、思いのほか好調だという声ばかりでした。出展社が減ったことによって競合も減ったので自社めがけて来てくださるお客さんが増えた、という声を何度か聞きました。

以上のことをまとめると、開催時期の変更や規模縮小が個々のブースへのマイナスの影響は特にない、むしろ今年のほうがいいのでは、という感触です。

来年は2月に場所を変えて幕張メッセでの開催になります。場所が変わる、ということがどう影響するのかもしっかりと見届けたいと思います。

今回もたくさんの出展社の皆さんにお話を聞かせていただきました。ご協力いただいた企業を一部ご紹介します。

昨年、展示会セミナーをやらせていただいた佐賀県地域産業支援センターさん。

大阪の三元ラセン管工業さん。

福井のチタンクリエイター福井さん。

岐阜のエドランド工業さん。

皆さん、お忙しい中ご協力ありがとうございました。

日本ものづくりワールドは東京ビッグサイトにて今日まで開催中です。ぜひ行ってみてください。

まとめ

今朝のブログは日本ものづくりワールド2019レポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

展示会前後のスケジューリングが楽しくなる方法

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日の雨でだいぶ散りましたが

記事を読む

勉強のための展示会見学ツアー@東京レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 大阪に帰ってきました。今日も

記事を読む

「展示会用の展示品を作る」とは

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 年の瀬らしい冷たく乾燥した晴

記事を読む

メディカルジャパン2018大阪ほか レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 薄曇りの朝。少しずつ寒さは緩

記事を読む

2017年秋の展示会スタートするなら今!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日もまた爽やかなお天気!そ

記事を読む

展活セミナー3講レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 地元の玉造稲荷神社のお祭りは

記事を読む

最大の転機から得たものとは

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 カラッと乾いたいいお天気。そ

記事を読む

展示会における動画を考える

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今回の雨は長いですね。イベン

記事を読む

人とくるまのテクノロジー展2017名古屋レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 名古屋に来ています。梅雨らし

記事を読む

キャッチコピーは本当に難しい

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 花粉が飛び始めるこの時期はき

記事を読む

tenkastu_bunner
チラシはブースの設計図になる

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

今年も大阪勧業展が開催されます

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

バーコード管理のメリットとデメリット

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

ビジネスマッチングフェア2019 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

伝わるブースの極意がわかる!展示会見学ツアー レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑