*      

展示会ブース 変える部分と変えない部分

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

あいかわらず昼間はめちゃくちゃ暑いですが、早朝は風が心地良いですね。セミが鳴き始める時間も少し遅くなったような…。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

せっかくお金をかけて作ったのだから使いまわしたいですよね!

中小企業の展示会ブースの壁面装飾にはタペストリーをおすすめします、と繰り返しお伝えしてきました。タペストリーは一度制作すると繰り返し使え、巻いて運べるので持ち運びや保管にも便利です。そう、タペストリーを採用するメリットは“繰り返し使えること”なんですよね。なので最初に作るときに頭に置いておかなければいけないポイントは“汎用性”だったりします。

展活ノウハウを取り入れてタペストリーを作る場合、問題解決1つにつきタペストリーを1つ作っていただくことになる場合が多いです。なのでどの問題解決を採用するかがとても大切なポイントになります。

そしてもう一つの大きなポイントがその問題解決をシンプルに伝えるキャッチコピーですキャッチコピーは伝えたいお客さんに刺さらなければ意味がないので、出展する製品・技術・サービスは同じでも来場者の層が異なる展示会では本当はキャッチコピーを変えたほうが良いんですよね。

そうなると先ほど書いたタペストリーのメリット“繰り返し使えること”と相反してしまいます。

この問題は各企業の社長さんの価値観によるところが大きいのでこれまで特に私から指導をしたことはなかったのですが、最近一つ良い感じのやり方を見つけました。

それは問題解決のタペストリーとは別にキャッチコピーが書かれた細長いポスターを作り、細長いポスター部分のみ展示会ごとに作り変える、というやり方です。

上の画像は今年の展活セミナーの参加企業である名東産業さんのブースです。問題解決のタペストリーを3つ作り、キャッチコピーは細長いポスターにしてパラペット部分に掲げるようにしました。このやり方であれば同じ商材を異なる来場者層の展示会に出展する際はキャッチコピーが書かれたポスターだけを作り変えればよいので、全部をタペストリーにするよりは経済的です。

もちろんチラシも問題解決部分は固定で、キャッチコピーの部分のみ変えられるような仕様で作ります。

訴求力は上げたい。けれども余計な経費はかけたくない。汎用性を追及すると訴求力が下がり、訴求力を追求すると汎用性が下がるというジレンマ。中小企業の展示会は常にこのジレンマと戦いながら作っていかなければなりません。キャッチコピー部分のみを作り変えるこのやり方、よかったら取り入れてみてください。

まとめ

今朝のブログは展示会ブース 変える部分と変えない部分というタイトルで汎用性と訴求力について考えてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
大島 節子

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

次回の見学会は10月5日関西機械要素技術展

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日はこのあたりでも一時的に

記事を読む

伝わる話の構成にはテッパンがある

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 各地で集中豪雨だったりヒョウ

記事を読む

出展コンセプトがバシっと決まる瞬間

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 お天気が悪いですね。今日はこ

記事を読む

第4期展活セミナーのお知らせ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日は寒さが少し緩み過ごしや

記事を読む

機械要素技術展ほか 初日レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 東京に来てます。昨日の大雨の

記事を読む

関西機械要素技術展2017 初日レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 急にグッと冷え込んだ朝。外気

記事を読む

関西農業ワールド2017 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 雨の金曜日。この週末はこんな

記事を読む

展活セミナー2017 第2講レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 大阪に帰ってきました。まさに

記事を読む

中小企業の展示会出展と補助金制度

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 ちょっと暖かいと思ったらまた

記事を読む

あだちメッセ2018 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 しばらくいいお天気が続きそう

記事を読む

tenkastu_bunner
名古屋展活セミナー模擬ブースチェック訪問2日目

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

MOBIO展活セミナー模擬ブースチェック訪問1日目

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

展活が生まれた場

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

食品などBtoBtoC型展示会で成果を出すポイント

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

今年2度目の長いお休み

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。
  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑