展示会出展力向上セミナー応用編@佐賀 レポ

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

朝晩はひんやりしますね。そんな早朝の大阪から今朝も展活タイムズをお届けします。

問題解決型プレゼンテーション動画作成 実践編

昨日10月5日は佐賀県地域産業支援センターさま主催のオンライン連続講座「コロナ禍における 展示会出展力向上セミナー 応用編」でした。今回も完全オンライン開催。先週の基礎編に参加いただいた方に問題解決型プレゼンテーションを作成いただき、それを動画化する、という内容でお届けしました。

応用編の構成
1.皆さんのPowerPointスライド発表
2.PowerPointスライド編集 実践編
3.PowerPointスライドを動画にする方法

皆さんのPowerPointスライド発表

今回は6社の企業さんがスライドを作成し発表してくださいました。偶然、全社工業系の製造業だったのですが、発表いただいたプレゼンのレベルの高さに驚きました。問題提起と解決案の選定が皆さんすばらしく、それぞれの強みが伝わるプレゼンテーションになっていました。

PowerPointスライド編集 実践編

皆さんに発表いただいた中からモデル企業に立候補いただき、その企業さんのPowerPointをリアルタイムで編集し、デザインをその企業のコーポレートカラーに合わせ、個性を出すという実践をやりました。背景・色・フォント等を変えることでどんどんその企業らしいプレゼンテーションになっていきます。こういう見せ方ができるのはオンラインセミナーの良いところですね。

PowerPointスライドを動画にする方法

そうやって編集したPowerPointスライドを動画にする方法を3パターンお伝えしました。1つ目はZoomを使って右上にワイプを出し、ナレーションを入りの動画作成法。2つ目はPowerPointの機能のみを使ってBGM入り動画作成法。3つ目はZoomの新機能を使ってプレゼンターをPowerPointの前に出す動画作成法です。ワークの時間に好きなやり方を試していただきました。

こうして作成した問題解決型プレゼンテーション動画はオンライン展示会での動画、商談に活用できるだけでなく、リアル展示会で流しても見込み客の足を止める効果があります。またアレンジすればダウンロード資料や配布チラシ、壁面用タペストリーに加工して使用することも可能です。

こうして佐賀のオンラインセミナー2日目もなんとか無事に終えました。小さなハプニングはたくさんありましたが(笑)。どうしてオンライン中というのは突然PCが予期せぬ動きをするんでしょうね~(笑)。まぁこうしてオンラインセミナーも場数を踏ませていただき、少しずつ何かあったときの対応にも慣れてきております。

佐賀でのオンラインセミナーはこの後、年明けに出展報告とアフターフォロー計画作成の講座があります。出展後の皆さんのお話を聞くのが楽しみです。

まとめ

今朝の展活タイムズはオンライン連続講座「コロナ禍における 展示会出展力向上セミナー 応用編」のレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。