*      

アフターコロナ時代の展示会を考える

おはようございます^^
中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

日本海側は凄い雪のようですね。大阪は降るのかと思ってたら降りませんでした。そんな早朝の大阪から今朝も展活タイムズをお届けします。

リアル展示会とオンラインツールの相乗効果を

ここ数日、2021年のまとめ記事を書きながらずっと考えていたことがあります。それはアフターコロナの展示会がどうなってゆくのか。今年1年間、緊急事態宣言下でも感染対策を徹底して展示会は行われてきました。最盛期の2019年と比べると来場者数は少なかったですが、たとえ来場者数が半分でもしっかりと成果を出した企業さんが何社もいらっしゃいました。運営サイドはまた違う考えがあるかもしれませんが、これまで3万人が来場していた展示会に1万5000人しか来なかったとしても、出展者としてはそれでも出展するメリットがあります。

つまりアフターコロナ時代の展示会では来場者数が最盛期の半分だったとしても成果を出せるようになっていく必要がある、それを考えて検証していくことが展活の来年のテーマかな、と。

来場者数が少ない展示会でも成果を出す企業が何をされていたか。まずは大前提として目的が明確であったことです。誰に何を伝えるための出展か、がハッキリしていて、来場者にそれがきちんと伝わるブース・チラシ等を作っていたこと。これが何よりも大事です。

次に大事なのはリアル展示会を会期中の会場だけではなく、会場に来れない人に向けても会期前から会期後にかけても発信をしつづけている、という点です。

上の図で言うと、上半分しかしていなかった企業と下半分もしていた企業を比較すると、確実に下半分もしていた企業のほうがコロナ禍による業績の落ち込みは少なかったはずです。そしてこれまでは上半分しかしていなくても、この2年でオンライン対応の大切さに気付き多くの企業が下半分のも取り組み始めています。

そしてオンライン対応はコロナがあってもなくてもいずれはしていく必要があったことです。この部分がこの2年で急速に普及したので、アフターコロナ時代の展示会ではオンラインを活用して相乗効果を出していくことがスタンダードになると思うのです。

ただやることが増える一方では展活企業さんたちも混乱してしまうので、限られた時間で限られた人数でいかに効率よく出展効果を出していくには何に注力すべきなのか、優先順位を考える必要があります。来年はそのあたりのことを更に精査してお伝えしていけるようになれればと思っています。

まとめ

今朝の展活タイムズはアフターコロナ時代の展示会を考えてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

>>展示会活用アドバイザー大島節子へのお仕事依頼はこちらからお願いします

The following two tabs change content below.

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

【動画】中小企業のためのオンライン展示会対策その2

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 暑すぎて蚊がいなくなりました

記事を読む

一瞬で伝わるブースの条件

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 涼しくなったとはいえまだまだ

記事を読む

大阪勧業展2017 1日目

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 また雨ですね。台風も近づいて

記事を読む

「うちにはできない仕事」は考えるチャンス

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

MOBIO展活セミナー2021 4講レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

初の佐賀講演が決まりました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日は台風が直撃するのですね

記事を読む

リアル展示会の復活が迫ってきました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 爽やかな風が吹く大阪市内。今

記事を読む

あいち展活プレセミナー2022のお知らせ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

「理想の顧客と出会う展示会出展プログラム」開始のお知らせ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

日本ものづくりワールド2018レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日から東京に来ています。そ

記事を読む

tenkastu_bunner
DMMオンライン展示会って何?

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

【動画】くだらないものグランプリ扶桑場所 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

オンライン彩の国ビジネスアリーナ レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

中小企業にとって理想の展示会とは

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

Japan IT week 関西2022 レポ

こんにちは^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバ

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑