展活セミナー2018 1講レポ

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

昨日の夜、雨が降ったようで少しひんやりした朝。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

3年目の展活セミナーがはじまりました!

昨日4月4日よりあいち産業振興機構さん主催の連続講座展活セミナーが今年もはじまりました。

今年もまたおもしろい企業ばかりで、皆さんがどんな展示会を作っていかれるのかとても楽しみです。1講のゴールは「目的を明確にすること」。誰に何を伝えるための出展か、ということを書き出していただき、全員に発表をしていただきます。

最終的にはコンセプトシートを書いていただくのですが、なかなか1講だけではまとまりきらないので、持ち帰って考え、2講で発表して固めていきます。

13~18時という非常に長いセミナーなので、終わる頃には結構ヘトヘトになるのですが、ビールを飲めば復活!(笑)名古屋展活名物の「懇親会万能説」は今年も健在です!

懇親会での雑談では講座中は話していただけなかったようなことも出てきたりして、そうやってお互いを知りながらその会社に合った出展方法を皆で考えていきます。

皆さん、今年の秋の出展を目指してこれから展示会を作っていかれます。まだまだ先と思っていますが、意外とすぐに本番が来るんですよね(笑)。濃い半年間を過ごしていただきますよ! 楽しみです♪

まとめ

今朝のブログは展活セミナー1講@名古屋のレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。