あまがさき産業フェア出展社説明会レポ

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

今日は暑くなるようですね。少しずつ夏に向かっていっています。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

昭和57年から続く歴史ある産業フェア

2019年5月8日(火)、尼崎ベイコム総合体育館で開催されたあまがさき産業フェア2019の出展社説明会にて展示会セミナーの講師として登壇しました。

あまがさき産業フェアとは昭和57年から続く今年で36回目の開催になる歴史あるローカル展示会です。私は2017年、2018年とこれまで2回見学をし、その際のレポをブログにアップしています。

あまがさき産業フェア2017レポ
あまがさき産業フェア2018レポ

このレポが運営会社の方の目にとまり、今回出展社説明会の講師として登用していただけることになりました。

あまがさき産業フェアの昨年度の出展社数は162社。来場者数は2,047名。今回の出展社説明会の参加人数は130人ほどと聞いています。やはり土地柄もあって製造業系が多いのですが製造業系以外でも様々な商品やサービスを扱っておられる企業がみえました。

説明会の後でセミナーが開催されるというプログラムだったので、退席が多いであろうことは覚悟していたのですが思いのほか少なく、皆さん会場に残り熱心にセミナーを聞いてくださいました。

講演後に名刺交換にお越しくださった方々の名刺を拝見したところ、尼崎市以外からも結構参加されるようですね。業種もバリエーション豊富でした。皆さんセミナーで何かしら気づきを得ていただいたようなのでどのようなブースを作られるのか楽しみです。

今年の開催日は2019は7月25日(木)26日(金)。尼崎市にあるベイコム総合体育館で開催されます。あまがさき産業フェアは毎年真夏に開催されるのが特徴です。この時期の展示会は少ないのでスケジュールも空けやすいのではないでしょうか。JR尼崎駅から歩くとまぁまぁかかるのですが(徒歩10分とありますが、体感ではもう少しかかります。なんせ暑い時期だから…)去年は確かシャトルバスが出ていたように記憶しているので今年も用意されることを期待します。

もちろん私は今年も見学予定です。皆さんもぜひお越しください!

まとめ

今朝のブログはあまがさき産業フェア2019出展社説明会のレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。