*      

オンライン展示会の数字から見えてきたこと

公開日: : 展示会活用のはなし, 展示会レポ

おはようございます^^
展示会活用アドバイザーの大島節子です。

京都の山のほうも雪景色なんですね。今年の冬は寒くなりそう。そんな早朝の大阪から今朝も展活タイムズをお届けします。

オンライン展示会の課題と今後やるべきこと

先週12月11日(金)に終了したメッセナゴヤオンライン。中小企業が多数出展する異業種交流型展示会が完全オンライン開催になるということで、多方面から注目を集めていました。展活企業が最も多く出展する展示会でもあるメッセナゴヤ。今日は公式発表された数字と、出展者さんから提供いただいた数字から見えてきたことをまとめていこうと思います。

まずは気になる来場者数。こちらは公式サイトによると来場登録者数は最終的に9,666名だったそうです。出展社数を見たときも昨年と比べてずいぶん減ったなと思いましたが、来場者数は更に減っていたのですね。

展活企業さんからポツポツと届き始めているデータによると、各企業ページへの訪問者数(ユニークユーザー数)は大体100前後でした。約3週間の掲載期間で100名の来場…。結論から言うとあまりにも母数が少ないです。少なくとも1000人は来てもらわないことには…。

普通に考えると辺鄙なポートメッセなごやに60,0000人も集客する力があるのであれば、全国・世界どこからでも見れるオンライン展示会への来場者数は通常開催よりも増えて当たり前なんです。なのに前回の1/6以下。

まだまだ“オンライン展示会”というものが浸透しておらず、ハードルが高いということを思い知らされました。

メッセナゴヤ事務局によると、来年はリアルとオンラインのハイブリット開催を予定しておられるそうです。来年は今年の経験を元に日本のオンライン展示会を育てていく1年になることでしょう。来場登録された方にはアンケート依頼が届いていると思うので、ぜひ皆さんの声もお届けいただくよう、ご協力をお願いいたします。

ネックは集客。その部分を改善するために考えられることは
〇出展企業さんが集客しやすいようなノウハウやツールの提供
〇出展者プレゼンテーションをリアル配信できるようなシステムの構築

そこから受注につなげるために、少なくとも出展者プレゼンテーションを聴講した方の情報くらいは出展者に渡す、このあたりぐらいまではやれるようにならないものか…。ログイン後の動線もかなりわかりにくかったので、全体の構成の見直しも必要です。ただ、出展料3万円の展示会にそこまで求めてよいものか、という思いもあります。

自分の中でも結論は出ていませんが、この状況はしばらくは続くと思われるので、私もひきつづきこの状況下でできることを考え続けてまいりたいと思います。

まとめ

今朝の展活タイムズはメッセナゴヤオンラインの数字から見えてきたことについて考えてみました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

勉強のための展示会見学ツアー@東京レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 大阪に帰ってきました。今日も

記事を読む

限られた予算をどこにどう使うのか

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 岡山に来ています。雨ですねぇ

記事を読む

展示会用タペストリーを壁面にかける方法

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 変に暖かいこの数日でしたがま

記事を読む

東京ビッグサイトで展示会ができない問題に動き

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 いよいよ今夜、緊急事態宣言が

記事を読む

リアル展示会の復活が迫ってきました

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 爽やかな風が吹く大阪市内。今

記事を読む

オンライン展示会対策講座1

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 8月最終日。今日から新しいシ

記事を読む

大阪勧業展2019はじまります!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 急に涼しくなりましたね。1年

記事を読む

「教育化」ビジネスモデルの相性

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 日に日に寒くなってくる上に空

記事を読む

展示会でお金をかけるポイント

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 5時だとまだ真っ暗ですね。日

記事を読む

その道のプロとメンドクサイの関係性

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 寝るときは冷房を切る派なので

記事を読む

tenkastu_bunner
展活プレセミナー(2021年/令和3年度)のお知らせ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

オートモーティブワールドはじまります!

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

緊急事態宣言下の展示会来場者数

こんにちは^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバ

セルフイメージを再構築!

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

テクニカルショウヨコハマ2021出展企業のための対策セミナー

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑