*      

ヴァーチャル産業交流展2020 レポ

公開日: : 展示会活用のはなし, 展示会レポ

おはようございます^^
中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

昨日より更に寒い朝。日本海側はまた大雪なんですね。そんな大阪から今朝も展活タイムズをお届けします。

東京都による異業種展示会が今年度はヴァーチャル開催に

2020年1月20日~2月19日、毎年であれば秋に東京ビッグサイトで開催される産業交流展が今年はオンラインで開催されています。産業交流展とは今年で23回目となる東京都による中小企業のための異業種総合展示会です。2018年の来場者数は14,221人。2019年は8,032人。2019年はオリンピックの影響で会場が青海に移ったことが来場者数減に影響したと思われます。2020年度はこの状況ということでオンライン開催となり、時期も秋ではなく1月~2月に。期間も1ヶ月間となりました。

公式サイトからヴァーチャル展示会場に入場するためには登録が必要です。名前、役職、業種、職種、メールアドレス、パスワードを登録。会社名は必要ありませんでした。

登録を済ませてヴァーチャル会場に入場すると、3Dによるヴァーチャル空間が表示されます。そこから自分が行きたい方向に進んでいき、大カテゴリ→中カテゴリ→企業ブースへと進んでいきます。もちろんキーワード検索も可能です。

企業ブースはいくつかのパターンから選べるようですが、基本的な構造は下記のとおりです。

やはり目立つところに動画があります。動画はYouTubeにアップしたものを読み込む形式で貼られています。パネルはダウンロード可の資料を兼ねています。商談はMicrosoftTeams、Googlemeets、Zoomから選べるようになっており、これらのツールは各企業で設定するようです。

特長としてはセミナーコンテンツの充実が挙げられます。基調講演・特別講演/デイリーセミナー/サブステージの3つから選べるようになっており、特別講演にはオードリー・タン、落合陽一、ワークマンの土屋社長など有名人がずらり。デイリーセミナーも気鋭のコンサルタントによる興味深い内容が多く、これだけの講演・セミナーコンテンツを充実させられたのはオンライン開催ならではだと思いました。

気になったこと

とはいえ、オンライン展示会元年の今年度です。気になるところもありました。今後のためにも書き残しておきたいと思います。

登録前にわかる情報が少なすぎる

公式サイトのトップページにある情報が少なくて、せっかくこんなにもセミナーコンテンツが充実していることがまったく伝わりません。今現在も無料で聴講できる有名人や経営者・コンサルタントたちのコンテンツは再生回数が残念な状況です。個人情報を登録して入場するという行為は心理的ハードルが高いので、だからこそ「登録すればこんないいことがあるよ!」と思えるトップページであってほしいです。

いつでも見れると思ったら見ない

セミナーコンテンツの「サブステージ」とは出展者プレゼンテーションのことです。そもそもなぜ「サブステージ」というタイトルなのでしょうか? 出展者が話す場である、ということが伝わっていません。そして出展者プレゼンテーションこそライブ感を演出してほしいのです。人はいつでも見れると思ったら結局見ません。結果的にアーカイブが残るとしても「今、この企業がステージでプレゼンをしています!」という演出をして、プレゼンを聴き終わった人たちがブースに流れる動線がほしいです。選任スタッフを置いてSNSでリアルタイム感を出すことは難しいでしょうか。

動線

展示会の成功とは出展者の成果の総数です。なので、もっとあらゆるところから企業ブースへの動線を貼ってほしいです。せっかくこれだけ多くの有名人のセミナーがセッティングされているのだから、セミナーを見終わった方が各ブースを覗いてみようと思うような動線の工夫があればいいのにと思いました。

各企業のブース作り込み具合のバラつき

これはリアル展示会でもそうなのですが、出展者によってはアップすべき情報をアップできていないところも目につきました。

以上、いろいろ書いてしまいましたが、昨年中に開催されたメッセナゴヤ等と比べると明らかにスペックは高かったです。出展料が破格の安さ(中小企業2万円、小規模事業者1.5万円)であることを考えるとこれ以上を望むのは申し訳ないのですが、日本のオンライン展示会元年のリアルな記録、ということで残しておきたいと思います。

まとめ

今朝の展活タイムズはヴァーチャル産業交流展2020のレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

日本ものづくりワールド2021(2020年度)レポ1

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

MOBIO展示会見学ツアー レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

くだらないものグランプリツアー東海場所レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

【動画】コロナ以降の時代に対応していくために

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 しかしよく降りますねぇ。こん

記事を読む

1小間ブースで最初に見られる場所

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 大阪市内先ほどまで雨が降って

記事を読む

インテックス大阪6号館が臨時医療施設になる、ということ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

模擬ブース確認会@クロステックさん

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

【動画】アメリカ・ニューヨークのオンライン展示会を体験!

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨日はコロナの終息を願って全

記事を読む

【動画】中小企業のためのオンライン展示会対策

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 五月晴れの良いお天気が続きま

記事を読む

あまがさき産業フェア2019 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 朝から暑いですねー。猛暑の中

記事を読む

tenkastu_bunner
東京ビッグサイトが完全体に!

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

INCHEM TOKYO来場者数推移と今年の傾向

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

食品/エネルギー/総務の展示会を一気見

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

展示会でのライブ配信活用法あれこれお試し中

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

プラントショーと問題解決型展示会の変遷

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑