*      

ウィズコロナ時代の販路開拓術②~コンテンツ拡散編~

おはようございます^^
中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

九州・中国が梅雨明けしたんですね。関西ももうすぐでしょう。そんな早朝の大阪から今朝も展活タイムズをお届けします。

作成したコンテンツは発信・拡散が必要

昨日からこの1年半を振り返り、ウィズコロナ時代の販路開拓術というタイトルで記事を書いています。

>>ウィズコロナ時代の販路開拓術①

昨日の記事ではリアル営業に制限がかかる中、ウェブサイトをリニューアルされた企業は非常に多かったですが、具体的にどこをどうリニューアルすれば問い合わせにつながるウェブサイトになるのか、を書きました。端的に言うとブログの仕組みを取り入れ、コンテンツを自社で常にアップできるようなウェブサイト設計をし、定期的に事例をアップすることで入口を増やすというやり方。そうすることで同じようなお困りごとを持つお客さんからの問い合わせにつながってきます。

ウェブサイトにアップするだけでは弱い

ウェブサイトに定期的にコンテンツをアップするだけでも大きな進歩ですが、それだけだと弱いんですよね。そこから先の発信・拡散も大事。具体的にはSNSを活用しよう、ということです。ウェブサイトにアップした事例紹介記事を「お客様の言葉で」書くことによっていずれ検索で見つけてもらえるようにはなりますが、時間がかかります。なのでtwitterやFacebook等のSNSで拡散をします。日々の発信で見込み客とつながっておくことが前提になります。

SNSだけだと情報が貯まらない

SNSは向き・不向きがあって、中には毎日何度もSNS投稿することがまったく苦にならない人もいらっしゃいます。そうやってtwitter・Facebook・instagram、最近ではTikTok等、多くのSNSを使いこなし、投稿をしまくってる方もいらっしゃいますが、確実に仕事につなげていこうと思うとSNSだけをがんばるのは効率が悪いです。なぜならSNS上の情報は流れていってしまうからです。

事例紹介のようなコンテンツはあくまでも本サイトに掲載し情報が貯まる場所を確保する。SNSには短い文章で要約のみを書き、リンクで本サイトに来てもらうような動線を作ることです。そうすると日々アクセスがあるサイトとしてGoogleの評価も上がり、上位表示にもつながっていきます。上位表示されればされるほど、その情報を求めている人にアクセスしていただける確率は上がります。

今更ですが今年はインスタを研究します

私がFacebookをはじめて10年になります。展活は非常にFacebookと相性がよく、Facebookをやっていたからいただけた仕事がいくつもあります。上に書いたようなやり方を実践し、あくまでも母艦は本サイトで、本サイトに来てもらうための入口を増やすためにSNSを活用してきました。しかしこのやり方はinstagramでは変えていく必要があります。

instagramは今や10代~20代の若者世代にとってGoogleに代わる検索ツールになりました。若者はGoogleで調べる前にインスタで調べると言われています。ただインスタは記事にリンクが貼れないし、コンテンツの選択・コピーもできません。プロフィールにはリンクが貼れますが1つだけです。基本スマホからしか操作できない設計になっているので、PCでササッと投稿を済ますこともできません。なのでずいぶん前から個人アカウントは持っていて、情報収集ツールとしては使ってきましたが、仕事には使ってきませんでした。

しかしどうにも無視できなくなってしまったので今年はインスタを研究します!3月末から毎日投稿しています。フォロワーが増えていくペースはtwitterやFacebookよりも早いです。気軽に“いいね”を押していただけますね。

ウィズコロナ時代を生き抜いていこうとするときに、ウェブサイトの充実ととSNS活用を避けて通るのはもはや無理があります。日頃からSNSで見込み客との関係性を構築し、年数回のリアル展示会でお会いしお話し提案につなげる、そんな循環を描いていきましょう!楽しんでね!

まとめ

今朝の展活タイムズはウィズコロナ時代の販路開拓術②~コンテンツ拡散編~ をお届けしました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

>>展示会活用アドバイザー大島節子へのお仕事依頼はこちらからお願いします

The following two tabs change content below.

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

INTERMOLD・金型展ほか来場者数推移

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

【動画】PowerPointスライドを動画化する方法

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

記事を読む

展活セミナー3講レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 地元の玉造稲荷神社のお祭りは

記事を読む

模擬ブースチェック訪問 2日目

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 名古屋でむかえる朝。涼しくて

記事を読む

春の展示会の準備の目安

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日はバレンタインデイ。今年

記事を読む

展示会を検証・改善するためのツール1

こんにちは^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 最高気温が連日20度を切るようになり

記事を読む

青海展示棟 レポ

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 名古屋でむかえる2日目の朝。

記事を読む

行って感じてわかること

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 相変わらずの猛暑が続く大阪で

記事を読む

行きたかった展示会

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今朝も大阪からブログをお届け

記事を読む

オンラインセミナー@長野

おはようございます^^ 展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日から仕事はじめの企業が多

記事を読む

tenkastu_bunner
あいち展活セミナー模擬ブースチェック訪問1日目 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

SDGs対応技術展2021@大阪産業創造館 レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

MOBIO展活セミナー2021 4講レポ

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

第2回くだらないものグランプリ事前投票は本日12時開始!

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

リコーが運営するYouTubeにゲスト出演

おはようございます^^ 中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活

→もっと見る



  • 大島節子:展示会活用アドバイザー
    1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。


  • ■ 毎月発行メールマガジン「展活通信」のご登録はこちら

    ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑