豊川展活セミナー2講 レポ

おはようございます^^
中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

長かった雨のお天気がようやく落ち着いて、8月後半らしい残暑が戻ってきました。そんな早朝の大阪から今朝も展活タイムズをお届けします。

スライドの動画化とチラシへの展開

8月20日(金)は豊川商工会議所にて豊川展活セミナー2講が開催されました。豊川展活セミナーとは今年で3年目になる豊川市内の中小企業の展示会出展をサポートするための展示会連続講座です。今年もメッセナゴヤに豊川市共同出展ブースを出展をされるので、共同出展企業のサポートも含みます。

>>1講の様子はこちら

2講の内容は下記のとおりです。

【第1部】
1.皆さんのスライドへのフィードバック
2.PowerPointの機能だけで動画化する方法
3.展示会チラシ等へ展開する方法
【第2部】
・メッセナゴヤ2021共同出展事前打ち合わせ

まず1講&宿題で作成いただいたPowerPointスライドの確認からスタート。それぞれの会社の製品・技術・サービスが「誰のどんなお困りごとを解決できるのか」を伝えるために、プレゼンのテッパン構成に当てはめてスライドを作成いただきました。ほとんどの方がコンセプトはまとまっていたので、主に見映え・デザインのブラッシュアップ方法をアドバイスさせていただきました。

更にPowerPointの機能だけで動画化する方法、スライドに記載した情報をA4表裏の問題解決型チラシにまとめて、展示会で配布するチラシ原稿を作る方法、壁面装飾に展開する方法をお伝えいたしました。

参加いただいた企業さんたちの業種が様々だったので、バラエティに富んだプレゼンテーションとチラシが多々生まれました。今後、展示会はもちろん、コロナ禍の販路開拓で活用いただけましたら幸いです。

共同出展を成功に向けて

セミナー終了後はメッセナゴヤ2021に共同出展される企業さんの事前打ち合わせにも参加。上部看板に掲げるべきイメージ写真やキャッチコピー、オンライン展示会対策等、効果的なやり方について少しお話をさせていただきました。

昨年はかなり準備が進んだところで中止になってしまったメッセナゴヤ共同出展。またまだ何が起こるかわからない部分もありますが、今年こそは無事に本番をむかえ、成果につなげていただきたいです。

まとめ

今朝の展活タイムズは豊川展活セミナー2講のレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

>>展示会活用アドバイザー大島節子へのお仕事依頼はこちらからお願いします

The following two tabs change content below.
Avatar photo

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。