豊川展活セミナー2022 2日目レポ

おはようございます^^
中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

徳島に来ています。気持ちの良い快晴!そんな早朝の徳島から今朝は展活タイムズをお届けします。

今年は出展社全社の動画完成を目指します!

8月26日(金)は豊川展活セミナーの2日目でした。豊川展活セミナーとは豊川商工会議所さん主催の展示会出展サポートプログラムで、今年、豊川市ブースとしてメッセナゴヤに合同出展をされる企業さんを対象とする連続講座です。

2日目のこの日は前回の講座内のワークで明確にしていった全7社+豊川市さんの出展コンセプトを確認。そのコンセプトを元にまずは動画の元となる問題解決型プレゼンテーションをPowerPointで作成するワークを行いました。

プレゼンのひな型をお渡しし、自社のコンセプトに置き換えていただきます。

次にプレゼンテーションの見映えを良くする小技をいくつかお伝え。フォント・背景・文字の加工・画像の加工など、知っておくと便利なテクニックを実際の操作画面を見ていただきながら解説をしました。

その後は立候補いただいた企業さんのスライドをその場でブラッシュアップ。展示会ではチラシ・ブース・動画のコンセプトはもちろんデザインも揃えておいたほうが訴求力は上がります。今回の豊川展活セミナーではチラシは作っていないので、ウェブサイトのデザインに合わせるかたちで整えていく実演の様子をご覧いただきました。

最後にPowerPointの機能を使って顔出しナレーションを入れ、更にBGMを付ける方法を解説してこの日の講座は終了。10月のはじめの個別フォローで全社の動画完成までサポートいたします。

講座終了後はメッセナゴヤ合同出展の説明会にも参加させていただきました。豊川市ブースは昨年、全社が具体的な成果につながる案件を得られたというすばらしい結果を出されたのですが、その要因の一つが上部の看板でした。この看板にどのような画像と言葉を載せるとより求めている層にささるのか、昨年の事例を見ていただきながら説明させていただきました。

今年のメッセナゴヤは10月から稼働する新第一展示館での開催。まだ誰も中は見ていない新しい展示場での展示会はどのようなものになるのでしょうか? ブース位置は9月1日の出展者説明会で発表されます。メッセナゴヤ2022に来られる方はぜひ豊川市ブースにご注目ください。

まとめ

今朝の展活タイムズは豊川展活セミナー2日目のレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。


中小企業向けオンライン個別サポートのご案内。無料相談会随時受付中!

>>展示会活用アドバイザー大島節子へのお仕事依頼はこちらからお願いします

The following two tabs change content below.
Avatar photo

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。