九州機械要素技術展広島県ブース説明会@福山

おはようございます^^
自社の問題解決力を見える化し展示会を成功に導く、展示会活用アドバイザーの大島節子です。

広島に来ています。ここ数日ずっと田舎にいたので都会の人の多さに圧倒されました。そんな早朝の広島から今朝は展活タイムズをお届けします。

新しくはじまるものづくり系展示会に合同出展

10月4日(水)はひろしま産業振興機構さん主催の第1回九州機械要素技術展広島県ブース出展企業のための説明会にて展示会対策セミナーを担当しました。

今年から新しく始まる九州ものづくりワールド内の機械要素技術展に広島県ブースとして23社が出展をされます。広島県は広いので説明会は福山会場と広島会場に分けて2回行われます。昨日は初日の福山会場の説明会が開催されました。

九州ものづくりワールドは2023年11月29日~12月1日、マリンメッセ福岡で開催されます。初回から出展社数400社。来場者数は20,000人を見込んでおり盛大に開催される予定です。九州地域への販路開拓を目指すものづくり企業にとっては絶好の機会になることでしょう。

そんな九州ものづくりワールドに広島県ブースとしては23社の広島県内の要素技術を持つ企業さんが出展をされます。福山会場には11社の企業さんがお集まりくださいました。

広島県ブースの構成はこんな感じ。各ブースの特長としてはキャッチコピーと画像を掲載できる大きなバナーサインと縦書きキャッチコピーを配置できることが特長になります。位置的には会場の奥のほうなのですが、ブースには常時コンパニオンさんが2名付いて下さって、奥側のブースにも来場者を誘引してもらえるそうです。

お集まりくださった企業さんは金属加工、樹脂加工、歯車、ダイカスト、など要素技術を持つ製造加工業の皆さんを中心に装置やモーター、電子基板などを扱う企業さんもいらっしゃいました。そんな企業さんたちに向けて展示会活用セミナーをお伝えしたところ、皆さん講義、ワークとも熱心に取り組んでくださいました。

今日は広島会場にて同じ内容で残りの12社の企業さんにも展示会活用セミナーをお伝えしてまいります。

広島県ブースが出展される第1回九州ものづくりワールドは11月29日~12月1日、マリンメッセ福岡で開催されます。来場される際はぜひ広島県ブースにお立ち寄りください。

まとめ

今朝の展活タイムズは九州機械要素技術展広島県ブース説明会@福山会場のレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

中小企業向け展示会出展サポートのご案内。無料相談会随時受付中!

>>展示会活用アドバイザー大島節子へのお仕事依頼はこちらからお願いします

The following two tabs change content below.
アバター画像

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。これまで関わってきた1000件を超える展示会経験を元に2012年展示会情報サイト「展活」を開設。2013年からは展示会セミナーの講師として活動開始。登壇回数200回以上、指導人数6,000人以上の実績。展示会初出展企業にも具体的でわかりやすい指導が好評を得ている。