とくしま展示会活用セミナー1講 レポ

おはようございます^^
中小企業向け販路開拓コンサルタント・展示会活用アドバイザーの大島節子です。

ゴールデンウィーク真ん中の3連休は最高に気持ちの良いお天気でしたね!そんな飛び石連休中の大阪から今朝も展活タイムズをお届けします。

徳島で展活セミナー連続講座がはじまりました

4月28日(木)はとくしま産業振興機構さま主催の展示会活用セミナー第1講でした。今年の1月にオンラインで「展示会チャレンジセミナー」を担当させていただき、それを経て今月から連続講座もやらせていただけることとなりました。

その記念すべき第1回目に参加してくださった企業は、金属加工、樹脂加工、機器の製造、木材加工などバラエティ豊かなものづくり企業の皆さま。出展される展示会も工業系の専門展や建築系の展示会、防災の展示会、更に徳島の中小企業総合展である「徳島ビジネスチャレンジメッセ」に出展をされるところが複数ありました。

徳島ははじめてなので「徳島ビジネスチャレンジメッセ」についても今回行ってみてはじめて知りました。ローカル総合展ですが、アスティとくしまという立派なコンベンション施設で開催され、コロナ前は28,000人が来場する展示会だったそうです。

初日の内容はまずは60分ほど展示会基礎講座を受講いただき、その後、参加企業の皆さんの自己紹介と目標とする展示会の確認、そしてメインである出展コンセプトを明確にするワークショップを行いました。

上の画像はブレインストーミングの要領で出展コンセプトを明確にするための素材出しをしてもらっている様子。

今回参加してくださっている企業の皆さんはそれぞれすばらしい独自資源をお持ちなので、これから全4回の講座でそのすばらしさを伝えるための“伝達力”をつけていただき、それぞれが目標とする展示会に臨んでいただければと思います。

次回はインテックス大阪で開催される展示会で見学ツアーを行います。どのような気づきを得て、それをどう自社の展示会に反映していっていただけるのか。これからが楽しみです。

まとめ

今朝の展活タイムズはとくしま展示会活用セミナー1日目のレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

>>展示会活用アドバイザー大島節子へのお仕事依頼はこちらからお願いします

The following two tabs change content below.
Avatar photo

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。