メッセナゴヤ2022はじまるよ!

おはようございます^^
自社の問題解決力を見える化し展示会を成功に導く、展示会活用アドバイザーの大島節子です。

名古屋に来ています。こちらも昼間は暖かいのですが朝晩はずいぶん冷えます。そんな早朝の名古屋から今朝は展活タイムズをお届けします。

新しい第一展示館で800社超が集結!

2022年10月16日(水)~18日(金)愛知県名古屋市のポートメッセなごやにて日本最大級の異業種交流型展示会メッセナゴヤ2022が開催されます。

こちらは中小企業から非常に人気が高く、最も申し込みが難しい展示会と言われています。今年も4月の申し込み開始日午前中に全ての小間が完売。うっかり申し込み開始日を忘れていて今年は出展できません~!と嘆く企業さんの声が私の元にもいくつも届きました。

10月に開業したばかりの新しい第一展示館は2万㎡の無柱空間。この広さは東京ビッグサイト東棟の2,5ホール分に相当します。明るく広々とした空間に今年は日本中から800社以上の企業が集結しました。

あいち産業振興機構さんで2016年から担当させていたただいている、あいち展活セミナーからは過去最高21社の企業が出展をされます。

【今年度の参加企業】
・浅野鐵工株式会社(一宮商工会議所)
・株式会社エドランド工業
・近藤工作所(付加価値創造合同会社)
・千成工業株式会社
・玉川工業株式会社
・株式会社TKアジャイル (一般社団法人中部部品加工協会)
・複合資材株式会社
・株式会社プラスワールド
・マルハチ工業株式会社(一宮商工会議所)

【過去の参加企業】
・有限会社環境テクシス (豊川商工会議所)
・株式会社蒲郡製作所
・株式会社グランツ
・ケイ・エイチ工業株式会社
・株式会社三恵社
・株式会社三洲ワイヤーハーネス
・瑞菱電機株式会社
・ダイワ化工株式会社 (扶桑町商工会)
・株式会社鶴ケ崎鉄工 (豊川商工会議所)
・東洋金属株式会社 (扶桑町商工会)
・早川工業株式会社 (関商工会議所)
・株式会社扶双 (会社の環境整備)

メッセナゴヤオンラインには会場図という機能があり、そちらを活用いただくと展活企業さんのブース位置を簡単に探していただけます。ブースには昨年同様、展活ミニ看板を置いていただいていますので、勉強のためにメッセナゴヤを見学される方はぜひ会場図の機能を活用し展活企業さんのブースを回ってみてください。

ブース写真はまた明日以降の展活タイムズで紹介しますね。

そして今日どうしてもお伝えしたいのがこちら!本日から10時からライブ配信をします。会期中は毎日1時間ほどかけて5社程度のブースにおじゃまし、出展企業さんのインタビューをお届けします。

本日突撃するのはこちらの6社
・株式会社三洲ワイヤーハーネス
・広陽商工株式会社
・株式会社グランツ
・中電クラビス株式会社
・AGRIST株式会社(特別企画展アグリクロス)
・株式会社トクイテン(特別企画展アグリクロス)

時間になるとメッセナゴヤのYouTubeチャンネルで配信がはじまります。

・メッセナゴヤに行きたいけど行けない方
・行くかどうか迷っている方
・来年以降に出展するか迷っている方
・明後日以降に行くけど先に雰囲気を知りたい方

ぜひ、ご覧ください!

まとめ

今朝の展活タイムズはメッセナゴヤ2022開幕のお知らせでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。


中小企業向けオンライン個別サポートのご案内。無料相談会随時受付中!

>>展示会活用アドバイザー大島節子へのお仕事依頼はこちらからお願いします

The following two tabs change content below.
Avatar photo

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。