あいち展活プレセミナー2024刈谷会場 レポ

おはようございます^^
自社の問題解決力を見える化し展示会を成功に導く、展示会活用アドバイザーの大島節子です。

乾燥した晴れのお天気が続きます。花粉もかなり飛んできましたね。そんな大阪から今日も展活タイムズをお届けします。

三河地域の企業さんを対象に刈谷会場で開催

2月8日(水)は愛知県刈谷市の刈谷市産業振興センターにてあいち産業振興機構さん主催の展活プレセミナーでした。

愛知県は広いので今年は尾張地域の企業さんを対象としたプレセミナーは名古屋で、三河地域の企業さんを対象としたプレセミナーは刈谷で、合計2回プレセミナーを行いました。

>>名古屋会場の様子はこちら

この日も第一部は私のセミナー「展示会で成果が出る企業と出ない企業の違い」をお聞きいただき、第二部はゲスト講師にお越しいただき展活対談を行いました。

刈谷会場で対談企画に登壇してくださったのは(株)蒲郡製作所の伊藤社長と(株)三洲ワイヤーハーネスの南社長。蒲郡製作所さんは2006年から、三洲ワイヤーハーネスさんは2016年から展示会を活用されており、何度も改善を繰り返しながら販路開拓を続けてこられました。その過程をみっちりとお話いただけたかと思います。

プレセミナーを経て4月からは令和6年度の展活セミナーがはじまります。今年が第8期になります。10社限定の募集で、枠は徐々に埋まってきています。

2024年、展示会という手法で自社の販路開拓を強化したいとお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひ展活セミナーにお越しください。

>>詳しくはこちら

まとめ

今朝の展活タイムズはあいち展活プレセミナー刈谷会場のレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

中小企業向け展示会サポートプログラムのご案内。無料説明会随時受付中!

>>展示会活用アドバイザー大島節子へのお仕事依頼はこちらからお願いします

The following two tabs change content below.
アバター画像

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。これまで関わってきた1000件を超える展示会経験を元に2012年展示会情報サイト「展活」を開設。2013年からは展示会セミナーの講師として活動開始。登壇回数200回以上、指導人数6,000人以上の実績。展示会初出展企業にも具体的でわかりやすい指導が好評を得ている。