大磯屋製麺所さん出展サポート①

おはようございます^^
自社の問題解決力を見える化し展示会を成功に導く、展示会活用アドバイザーの大島節子です。

この時期らしい寒い朝です。そんな早朝の大阪から今朝も展活タイムズをお届けします。

2月の幕張に向けて準備スタート!

1月17日(火)は愛知県碧南市の碧南商工会議所さんからの専門家派遣で、(株)大磯屋製麺所さんを訪問しました。

碧南市へは名古屋からJR刈谷か名鉄知立まで行って、そこから2両の三河線という可愛い電車に乗って向かいます。名古屋から1時間くらいの港町です。

大磯屋製麺所さんは大正15年に創業された老舗製麺所で、今も伝統的な製法で塾製麺を作っておられます。こだわりの麺で作った焼そばは一度食べたら忘れられない美味しさ。著名人のファンも多い人気の製麺所さんです。よくテレビでも紹介されていらっしゃるので、ご存じの方も多いかと思います。

出会いはあいち産業振興機構さんのセミナーのウェブ再生塾。くだらないものグランプリの豊川と東大阪のイベントでもお世話になりました。そんなご縁で展活を知ってくださって、今回2月に幕張メッセで開催されるこだわり食品フェアに出展されるということで、サポート依頼をくださいました。

この日はサポート初日ということで、まずは展示会基礎講座からスタート。展示会に向けて何を準備す有れば良いかを座学形式でお伝えしました。

続いてコンセプト明確化ワーク。誰に何を伝えるために出展するのか、対象とするお客さまは何を求めて展示会にいらっしゃるのか、それに対して大磯屋の塾製麺は何を提供できるのか、等々を付箋を使ったブレーンストーミングで丁寧に言語化をしていきます。

出展コンセプト明確化ワークを経てチラシ案の作成。本番まであまり日がないので、今日中になんとしてもチラシ案まで行きたかったのです。コンセプトは社長の中で既にかなり決めていらっしゃったので目標とするチラシ案作りまで行くことができました。

今後はチラシ作りと並行してブースを作り、当日の接客シミュレーションまであと2日の訪問で準備をしてまいります。どんな展示会になるのか楽しみですね。

こだわり食品フェアはスーパーマーケットトレードショーと同時開催の展示会です。2月15日~17日、幕張メッセにいらっしゃるかたは、ぜひ大磯屋製麺所さんのブースにお立ち寄りください。

まとめ

今朝の展活タイムズは大磯屋製麺所さん出展サポート1日目のレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

中小企業向けオンライン個別サポートのご案内。無料相談会随時受付中!

>>展示会活用アドバイザー大島節子へのお仕事依頼はこちらからお願いします

The following two tabs change content below.
Avatar photo

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。レンタル什器をとおして1000件以上の展示会に関わり、また2012年からは展示会活用アドバイザーとして100社以上の展示会をサポートしてきた経験を元に中小企業経営者向けに「失敗しない展示会の作り方」ノウハウを構築。それを伝えるべく活動をしている。