あいち展示会再生塾2023 1講レポ

おはようございます^^
自社の問題解決力を見える化し展示会を成功に導く、展示会活用アドバイザーの大島節子です。

名古屋に来ています。今は晴れているのですが明日にかけてまとまった雨が降る予報。そんな早朝の名古屋から今朝は展活タイムズをお届けします。

展示会を再生させたい6社が集結

6月29日はあいち産業振興機構さん主催のあいち展示会再生塾1講でした。

あいち展示会再生塾とは今年からはじまった新しい企画で、これまでの展示会のコンセプトを見直したり、出展製品を変えて再チャレンジしたい企業さん向けの連続講座で、私は1講と4講を担当させていただきます。

今回お集まりいただいた6社が目標とされる展示会は下記のとおり。
・オートモーティブワールド秋
・メッセナゴヤ
・IPF Japan 国際プラスチックフェア

業種はみなさん製造業です。

初日のこの日は最初に展示会ミニ講座を聞いていただいたのち、各企業さんの出展したい製品・技術・サービスと出展する展示会について発表。ほとんどの企業さんがこれまで作ったツールを完全に作り変えたいとのことでした。

次に展示会出展コンセプト明確化ワーク。この日のメインです。伝えたい人は誰で、その人はどのようなお困りごとを持っているのか、その人に何を提供できるのか、その根拠は何なのかを言語化していきます。

初日なのでこの段階でコンセプトが明確になっていなくても良いのですが、かなりしっかりと固まっていらっしゃる方も多く、再生塾ならではだなと思いました。

終了後は懇親会が開催されました。ようやく普通に懇親会を開催することも参加することも当たり前になってきましたね。参加率も良かったです。懇親会で一見、なんでもない会話を交わすことでその方のお人柄がわかり、その後の意見交換が活発になっていくんですよね。あいち産業振興機構さんならではのチーム作りの復活を感じました。

私が次に関わらせていただくのは8月末の4講になります。秋の展示会の成功を応援してまいります。

まとめ

今朝の展活タイムズはあいち展示会再生塾1講のレポでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

中小企業向け展示会出展サポートのご案内。無料相談会随時受付中!

>>展示会活用アドバイザー大島節子へのお仕事依頼はこちらからお願いします

The following two tabs change content below.
アバター画像

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。これまで関わってきた1000件を超える展示会経験を元に2012年展示会情報サイト「展活」を開設。2013年からは展示会セミナーの講師として活動開始。登壇回数200回以上、指導人数6,000人以上の実績。展示会初出展企業にも具体的でわかりやすい指導が好評を得ている。