ものづくり系展示会各地で開催

おはようございます^^
自社の問題解決力を見える化し展示会を成功に導く、展示会活用アドバイザーの大島節子です。

1日のうちで暖房をつける時間が少しずつ増えてきました。そんな大阪から今日も展活タイムズをお届けします。

福岡、東京、幕張で今日からスタート

2023年11月29日~週末にかけて日本各地でものづくり系展示会が同時に開催されています。2023年の展示会ピークもここまでで、おそらく来年までこれだけ日程がかぶることはもうないかと思います。

1つずつ紹介をしてまいりましょう。

ものづくりワールド九州

マリンメッセ福岡ではものづくりワールド九州が開催されています。こちらは今年からはじまったものづくり系展示会で、東京、大阪、名古屋に次いで4か所目の開催になります。

設計・製造ソリューション展、機械要素技術展、工場設備・備品展、次世代3Dプリンタ展、ものづくりAI/IoT展、計測・検査・センサ展、製造業DX展、ものづくりODM/EMS展、以上8つの展示会で構成されています。

今年からはじまる展示会なので実績はありませんが、1ヶ月前に同会場で同規模・似たテーマで開催されたモノづくりフェアが23,792人を集客しているので、そことの比較が気になるところです。

※後日追記
2023年の来場者数は9,575人

高精度・難加工技術展

東京ビッグサイト西ホール1、2では高精度・難加工技術展と表面改質展が開催されています。医療や航空宇宙等の高度な加工技術が求められる分野と、表面処理技術が集結します。

同時開催展として東ホールと西ホール3,4では国際ロボット展、洗浄総合展、VACUUM真空展、SAMPE JAPAN先端材料技術展、KOKOKARA Fair in Autumn、FACTORY Goods、以上の6つの展示会。東京ビッグサイト全体が高い技術をもつものづくり企業で埋め尽くされる3日間です。

高精度・難加工技術展の2022年実績は来場者数36,852人だったそうです。

※後日追記
2023年の来場者数は40,836人

IPF Japan 国際プラスチックフェア

幕張メッセではIPF Japan 国際プラスチックフェアが開催されています。こちらは28日(火)~2日(土)まで5日間も開催される樹脂・プラスチック加工の専門展示会です。幕張メッセの1~8ホールを使用し開催されます。

開催周期は3年に一度。2020年はコロナで中止になったため。前回の開催は2017年。その際の来場者数は43,676人だったそうです。

※後日追記
2023年の来場者数は国内35,354人、海外3,082人、合計38,436人


私が現地に行くのはものづくりワールド九州だけになってしまいますが、東京ビッグサイトにも幕張メッセにも展活企業さんが出展をされているので、各地が盛況であるよう祈っています。

これが終わると私が関わった2023年の展示会は新ものづくり・新サービス展を残すのみになります。いよいよ年の瀬ですね。

まとめ

今朝の展活タイムズは現在各地で開催されているものづくり系展示会のご紹介でした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

中小企業向け展示会サポートプログラムのご案内。無料説明会随時受付中!

>>展示会活用アドバイザー大島節子へのお仕事依頼はこちらからお願いします

The following two tabs change content below.
アバター画像

大島 節子

展示会活用アドバイザー展活
1975年 大阪市生まれ。1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。これまで関わってきた1000件を超える展示会経験を元に2012年展示会情報サイト「展活」を開設。2013年からは展示会セミナーの講師として活動開始。登壇回数200回以上、指導人数6,000人以上の実績。展示会初出展企業にも具体的でわかりやすい指導が好評を得ている。